キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

クリスチャンは悪霊払い?

f:id:christian-unabridged-dict:20170825064423j:plain

www.travisagnew.org

 

マルコ福音書の終わりに、次のような記述があります。

 

マルコ福音書 16:17-18

信じる者には、このようなしるしが伴う。すなわち、彼らはわたしの名で悪霊を追い出し、新しい言葉を語り、へびをつかむであろう。また、毒を飲んでも、決して害を受けない。病人に手をおけば、いやされる」。

 

キリスト教徒になればだれでもスーパーマンになれるぞ、と唆しているのでしょうか。冒頭で紹介したサイトによれば、蛇担当牧師なるものがいて、実際やらかしてみたところ、噛まれて死んだというのですから笑い事ではありません。

 

でも福音書に書いてあるじゃない。ってことになりますよね。福音書に書いてあるからその通りだ、という考え方もどうかとは思いますが、思い出して頂きたいことは、イエスは、私が喩えで説明する理由は、と言って、あなた方には解りやすいように喩えでお話をしますよ、と言っていることです。さあ、これから喩え話で説明しますよ、と言っている箇所だけが喩え話ではありません。こういう箇所こそが喩えなのです。どういう意味でしょうか、直接の意味に直してみましょう。

(信じる者には、このようなしるしが伴う。)
今まで私(イエス)の話を聞いてきて、理解したのであれば、

(すなわち、彼らはわたしの名で悪霊を追い出し、)
あなた方自身の内に潜んでいる偏見や迷妄を打ち捨てて、

(新しい言葉を語り、)
新しい、真実の価値観を自他に求めることができるようになるだろう。

(へびをつかむであろう。)
自己に潜む邪悪性に振り回されず、逆にコントロールすることができるようになるだろう。

(また、毒を飲んでも、決して害を受けない。)
友人の偏見や迷妄にも巻き込まれない強い心を持てるようになって、

(病人に手をおけば、いやされる」)
その病の克服のため、友人と苦しみを共にする努力を惜しむな。

私を信じれば超能力が生じて悪霊祓師にも魔法使いにもなれますよ、というような幼稚なことを言っているわけではないのです。しかし、冒頭でご紹介したサイトにあるように、福音書に書いてあるのだから、へびをつかんでも平気のはずだと言って、実際にやって死んでしまう。これがキリスト教会による聖書理解です。

 

お前らは頭が悪いからじかに説明するよりも喩えで言ってやろう。こう言われているにも関わらず、福音書のこの箇所を読んで、あいつには悪霊が憑いているから俺が祓ってやろう、と考えちゃうタイプの人は、まず、毒を飲んでも死なないことを確認してみてはいかがでしょうかね。