キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

姦淫と目

f:id:christian-unabridged-dict:20211218131908j:plain

mag.japaaan.com

上に張ったリンクは、かつて東京に存在した吉原遊廓に関する情報を伝えるサイトのものです。このような性を売る商業は、日本に限らず世界中に存在するものでした。ほとんどは、男性が女性を性商品として捉えることにより、発生、存続する商行為であったわけですが、このような男性の性質について、イエス様は次のように言われました。

マタイによる福音書 5:27-30

『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。もしあなたの右の目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に投げ入れられない方が、あなたにとって益である。もしあなたの右の手が罪を犯させるなら、それを切って捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に落ち込まない方が、あなたにとって益である。 

しかし、情欲をいだいて女(性の対象)を見たことのない人は、おそらく一人もいないのではないでしょうか。異性(性の対象)である以上、その人を見ることは、多少であれ、性的な関心を伴わずにはいられないはずです。

これは無理な話です。イエス様はなぜこんな無理なことを要求したのでしょうか。

おそらく、この箇所も説明が十分ではないのでしょう。イエス様は、「情欲だけで女を見る者は」といいたかったのです。女性を性の玩具のようにしか理解できないものは、ということです。

女性であれ、男性であれ、まずは人間です。人間としての価値を尊重し、互いに尊敬し合うことの大切さを理解する、このことが大切なのだよ、と教えているわけです。

つまり、男女は同権であって、女性を性差別することは良くないことである、と言っているのです。どれぐらい良くないのかというと、目を抜き出して捨ててしまわなければならないほどだ、ということです。

荒らしコメント

f:id:christian-unabridged-dict:20211128125405j:plain

先日、当ブログに荒らしコメントが投入されました。上記に貼った画像もその一つですが、合計20件ほどの書き込みがあったと思います。

もちろん、当ブログは反対意見に対してもきちんと向き合って行くつもりで運営しているのですが、程度の低い罵詈雑言は良くないと思います。良識ある読者の皆様に不快な思いをさせてしまいますことも不本意なことですので、すべて削除しました。

ただ、まあこういことがありましたよ、ということで、あと一つご紹介しておこうと思います。

記事、

christian-unabridged-dict.hatenablog.com

に対して投入されたコメントです。

    

zibituenba
id:zibituenba

なにをいっているかわからないが
その理屈で言うと一神教は存在しないことになる

一神教は元々、神と多くの霊的存在を認める宗教のことであって
それ以外ではない

あなたが言っているような一神教の定義じたいが現実的には誤りということになる

あなたの言っていることは基本的に滅茶苦茶だ

本当に宗教というものを理解していますか?

一神教とは元々、複数の霊的超越者を認める宗教のことですよ?

単に神が唯一であるといっているだけです

そしてキリスト教は言うまでもなく二元論ですが?

二元論と一神教は大抵セットですけど?

キリスト教善悪二元論ですけど?

二元論であることと一神教であることは
なんら矛盾しません

善の方が上であり、最終的に善が勝つのであるならね

 

こちらからは何ともコメントのしようがないのですが、とりあえず大声で罵っておけば怯むだろう、的な幼稚さしか伝わってくるものがありません。典型的なハラスメント気質が見て取れます。

こういう人は、自分と全く同じ理解、同じ考え、同じ意見の人でなければ憎むのでしょう。「今日も神様に感謝です。アーメン。今日のありがたい聖句の箇所は云々」みたいなクソ記事でなければ気に入らないのいです。

それにしても、

キリスト教は言うまでもなく二元論です」

とは知りませんでした(笑)。

 

◉お願い◉

しばらくの間、ブログへのコメントとブログサークルのコメントは入力できない状態にさせていただきます。見えなくなりますが、過去にいただいたすべてのコメントを削除するわけではありません。見えなくなるだけです。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

毒麦のたとえばなし

f:id:christian-unabridged-dict:20211025125025j:plain

 

None Lost | A Sacred Space

マタイの福音書に「毒麦のたとえ」と呼ばれるたとえばなしがあります。見てみましょう。

マタイの福音書 13:24-30

天国は、良い種を自分の畑にまいておいた人のようなものである。人々が眠っている間に敵がきて、麦の中に毒麦をまいて立ち去った。芽がはえ出て実を結ぶと、同時に毒麦もあらわれてきた。僕たちがきて、家の主人に言った、『ご主人様、畑におまきになったのは、良い種ではありませんでしたか。どうして毒麦がはえてきたのですか』。主人は言った、『それは敵のしわざだ』。すると僕たちが言った『では行って、それを抜き集めましょうか』。彼は言った、『いや、毒麦を集めようとして、麦も一緒に抜くかも知れない。収穫まで、両方とも育つままにしておけ。収穫の時になったら、刈る者に、まず毒麦を集めて束にして焼き、麦の方は集めて倉に入れてくれ、と言いつけよう』

そして、このあとの箇所で、イエス様は弟子の求めに応じてこのたとえ話の説明を行っています。見てみましょう。

マタイの福音書 13:36-40

それからイエスは、群衆をあとに残して家にはいられた。すると弟子たちは、みもとにきて言った、「畑の毒麦の譬を説明してください」。イエスは答えて言われた、「良い種をまく者は、人の子である。畑は世界である。良い種と言うのは御国の子たちで、毒麦は悪い者の子たちである。それをまいた敵は悪魔である。収穫とは世の終りのことで、刈る者は御使たちである。だから、毒麦が集められて火で焼かれるように、世の終りにもそのとおりになるであろう。

お気づきでしょうか、イエス様はご自分が語られたたとえ話の内容について、説明を行わなかった部分があります。収穫まで待ってから、毒麦を麦と分けるべきであるところの説明が十分とは思えない点がそれです。

ネットで検索してみますと、この意味は、成長前の毒麦は、麦との見分けがつきにくいからだ、と説明するものが多く見つかりますが、おそらくそうではないでしょう。このたとえは、実を結んだ後のことを言っているのですから、成長前の状態は関係ありません。毒麦は、はっきりと麦と区別して認識することができたはずです。できたから、下僕は『ご主人様、畑におまきになったのは、良い種ではありませんでしたか。どうして毒麦がはえてきたのですか』と言ったのです。

この意味は、犯罪者と見られるものがいても、短絡的に断罪してしまうな、ということを言っているのです。『悪者は最終的に捕らえられて断罪される』というような、いわば当たり前のことを、わざわざたとえばなしに仕立てたうえ説諭しなければならないことかどうか、ということですよね。このたとえばなしでもっとも言いたかったことがらは、説明を求められても説明を行わなかった、この点にこそあるのではないかと思います。

悪者だと直感しても、ちょっと待て、というわけです。それが良い麦でないと言い切れるのか、お前たちの判断だけが正しいと言えるのか、ということです。

実際には、毒麦が良い麦に変化することはありえないことなのでしょうが、イエス様の価値観によれば、毒麦たる悪人であっても、良い麦たる義人に変化し得る、ということなのでしょう。

キリスト教と言えば、意に添わない人物を断罪すること、他の教派や他の宗教に属する人を、異端、とか異教徒、などと蔑んで排斥することを楽しみにしているような人ばかりにみえるのですが、注意して福音書を読めば、イエス様の本意はそういうことではなかった、ということがわかります。

リードオルガンのススメ

f:id:christian-unabridged-dict:20211019142400j:plain

collection.maas.museum

小規模な礼拝堂であっても、パイプオルガンを導入することが流行りのようになってきているようで、無理をしてでも大きなパイプオルガンを設置するケースが増えて来ているのだそうです。

あるプロテスタント教会で見たケースでは、信徒席が100程度の小さな礼拝堂で、コンクリート造の新しい建築でしたが、やはりパイプオルガンが設置されていました。手鍵盤だけの「ポジティフオルガン」と呼ばれる小さなオルガンなのですが、残念なことに音がほとんど聞こえないのです。おそらく、礼拝堂を設計した時点で、オルガンを設置する予定がなかったのでしょう。通路や窓の位置、天井のたかさ、内装の素材、といったようなことを考え、ある程度の残響がある状態にしなければ、オルガンがある意味がなくなってしまいます。適当に建物を建てて、そこへ買ってきたオルガンを適当に置いただけではダメだということです。

リードオルガンでも同じことなのですが、明らかに言えることは、パイプオルガンよりも価格が低いこと、それと扱いが容易なことでしょう。パイプオルガンのパイプは、風が吹き出す穴の上に、ただ乗っているだけの場合が多く、地震で倒れてしまうこともあります。そのような場合、修理のためにいちいち専門家に来てもらわなくてはなりません。

また、ちょっとピアノが弾けるので、程度の感覚でオルガンを演奏しようとしますと、オルガンが壊れてしまいますので、結局、演奏家を雇用することになってしまいます。

お金が有り余っているのであればパイプオルガン導入もよろしいのかもしれませんが、僕は、リードオルガンで十分なのではないかと思います。すでに新作は行われていないようではありますが、さがせば、中古のリードオルガンを購入することも不可能ではないようです。賛美歌の伴奏ができて、ある程度の曲の奏楽ができる鍵盤数があれば、ストップがなくてもいいと思います。

また、電子楽器であっても、教会用のオルガンとして遜色ないものもあります。これであれば手鍵盤二段、足鍵盤もあり、ストップも豊富でありながら価格も手頃であって現実的です。

piano.miki.co.jp

教会としての体裁を整えるために散財することも、ことによっては必要なのかもしれませんが、それよりも、余裕があって、なおかつ満足度が高くなる工夫を施す。これが重要かと思います。

通りすがりの小さなレンガ作りの鄙びた教会の窓から、バッハの小品を奏楽するリードオルガンが聞こえて来たりしますと、この教会はただ者ではないな、などと感心したりします。

仏教徒危機

f:id:christian-unabridged-dict:20211003125601j:plain

1963年6月11日の仏教紛争に抗議して火刑に処せられたThichQuang Duc

fallenangelsperiod2.weebly.com

前回記事でご紹介した内容から、

christian-unabridged-dict.hatenablog.com

ベトナムの「仏教徒危機」について、」Wikiの「仏教徒危機」からご紹介しましょう。

ja.wikipedia.org

仏教徒危機(ぶっきょうときき、ベトナム語Biến cố Phật giáo變故佛教 英語Buddhist crisis)は、ベトナム共和国(南ベトナム)1963年5月から同年11月まで続いた、政治的かつ宗教的緊張。南ベトナム政府によって行われた数々の弾圧行為や、主に仏教僧侶によって導かれた市民の抵抗市民的不服従)によって特徴付けられた[1]

危機は5月8日に中部の都市フエで、仏旗掲揚の禁止に抗議した9人の非武装市民が銃撃されて発生した(en:Huế Phật Đản shootings)。

仏教徒危機は、1963年11月に発生したベトナム共和国陸軍ズオン・バン・ミン将軍による軍事クーデターをもって終結した。なおこのクーデターでは、ゴ・ディン・ジエム大統領および実弟でもあるゴ・ディン・ヌー秘密警察長官が殺害された。

「背景」から引用します。

背景[編集]

南ベトナムでは、1963年の時点で全人口の70%から90%が仏教徒であると見積もられていて[2][3][4][5][6]ゴ・ディン・ジエム大統領のカトリック寄りの政策が多くの仏教徒の反発を買っていた。少数派だったカトリック教会の一員である彼の政府は土地の割り当て、商売上の恩恵や税の軽減と同様に、公共事業や軍部での昇格においてカトリック教徒を優遇した[7]。ジエムは一度相手が仏教徒だった事を忘れて、「あなたのカトリック教徒の将校を敏感な場所に配置しなさい。彼らは信頼出来る」と上級将校に語っていた[8]ベトナム共和国陸軍の多くの将校がそれによって昇進出来ると考えてカトリックに改宗し、彼らが改宗しなかった場合、多くは昇進を拒否された[8]。それに加えて、ベトコンゲリラを追い返す事を目的とする村の自衛民兵への銃の配布は行われ、武器がカトリック教徒のみに与えられた[9]。何人かのカトリック司祭は私的な武装組織を運営しており[10]、一部の地域では強制改宗略奪、爆撃と寺院の破壊が行われた[11]。一部の仏教徒の村は援助を受け取る為、或いはジエム体制によって強引に追い出されるのを避ける為に「集団で」改宗した[12]

カトリック教会は南ベトナムで最大の地主であり、フランス人によって仏教徒に押し付けられた「私的な」立場は、公的活動を指揮する為に公式な許可が必要とされたが、ジエムはこれを取り消さなかった[13]。教会所有の土地は土地改革の対象外とされ[14]カトリック教徒は政府が全てのベトナム人に義務付けられていた賦役労働英語版からの「事実上の」免除対象とされ、公的支出はカトリック教徒が多数派の村に偏って支給された。ジエム支配下で、カトリック教会は財産取得に関して特別な免除処置を享受し、1957年にはジエムはベトナム共和国聖母マリアに捧げると発言した[15]。公的な行事の場でバチカンの国旗は定期的に掲げられた[16]

ぜひWiki全文をお読みください。

キリスト教徒による宗教的迫害

f:id:christian-unabridged-dict:20211002141950j:plain

ja.wikipedia.org

Wikiに「キリスト教徒による宗教的迫害」という項があります。キリスト教と迫害とを組み合わせて考えるときは、ほとんどの場合、キリスト教は迫害される側として取り上げられがちですが、実際には、死刑囚が処刑されたことをクローズアップしているようなものであることが多いのではないかと思います。

今回の記事では、上記Wikiの記事から、「迫害の事例」の内容をピックアップしてご紹介しようと思います。ぜひ、Wiki全文をお読みください。

古代ギリシャ信仰への迫害

テオドシウス1世によりキリスト教ローマ帝国国教になった後にはかつてキリスト教を迫害していた古代ギリシャ信仰の信者は逆にキリスト教徒によって迫害され、5世紀までにはキリスト教への強制改宗などにより根絶させられた。

非主流派への迫害

中世カトリックは非主流派を「異端」と決め付け、死か改宗かを選ばせる厳しい迫害を行った(一方で、正教会等の他のキリスト教諸教派では異端の殺害は行われていないとされているが、実際には、ロシアに伝わっていた正教旧来の信仰を守り改革を拒否した正教古儀式派の初期の指導者であるアヴァクームソロヴェツキー修道院の修道士たちなど、主流派正教会に破門され殺害されたものも存在する。現在に至るまで、正教圏においても宗教的少数派に対する迫害は継続的に存在している)。

イスラム教への迫害

キリスト教イスラム教徒にたいしても厳しい迫害を行ってきた。歴史的経緯によりイスラム教キリスト教の「異端」とみなされたため、イスラム教徒はキリスト教原理主義者からすさまじい憎悪を浴びせられた。

先住民の諸宗教に対する迫害

大航海時代が訪れると、キリスト教の司祭達は、アフリカアジアアメリカ大陸オーストラリアなどに軍事力を伴った宣教を開始した。ヨーロッパ白人は、全ての先住民を「野蛮人」と断定し、自らの「先進的な」文化やキリスト教を広めて回った。

アフリカ黒人の諸宗教に対する迫害

アフリカ大陸を征服したキリスト教諸国は、アフリカの土着信仰を「邪教」「悪魔の教え」と断じ、宣教師団などを用いてキリスト教への改宗を促す政策を推進した。

ヒンドゥー教に対する迫害

イギリスインド統治の期間中、もしくはそれ以前のヨーロッパ諸国によるインド南部の支配においてキリスト教宣教師たちは盛んにヒンドゥー教を「邪悪」であり、「偶像崇拝」以外何もない空虚な教えであるとして激しく攻撃し、その存在価値を認めなかった。

仏教への迫害

ベトナムでは、ベトナムのカトリックによって仏教徒が迫害される仏教徒危機が発生した。

日本における諸宗教への迫害

日本におけるキリスト教1549年フランシスコ・ザビエルイエズス会耶蘇会)から始まり、戦国大名の中には南蛮貿易での利益を求めて自身がキリシタン大名となり、キリスト教を優遇するものも現れた。

その過程において、一部のキリシタン大名キリスト教信者によって、領内の神社、寺院が焼かれ、僧侶が迫害されるという事例が存在した。ただし仏教徒の大名の領土では、逆にキリスト教徒が迫害されていた事例も存在した(原因の一つにキリスト教が他宗教を「悪魔の教え」と見なしたことによる対立がある。アフリカにおける例を参照)。

この神道、仏教に対する弾圧とポルトガル商人によって行なわれていた日本人奴隷の貿易を宣教師達が黙認していたことを名分として、豊臣秀吉バテレン追放令を発し、キリスト教への圧迫が強まった。ただしこの段階ではまだキリスト教自体は禁止されてはいなかった。あくまで宣教行為を禁止し、外国に売られた日本人を連れ戻すようにとの命令であり、すでにキリスト教徒となった日本人に対して棄教を迫るものではなかった。

思想・科学への迫害

カトリックは信仰と相容れない科学的な考えや、それらに影響を受けた無神論的な思想の持ち主を「異教徒」「異端」として迫害を加えている。

415年に修道士らが女性天文学者ヒュパティアを殺害した際には、指示したキュリロスがその「功績」を讃え、教皇レオ13世により「教会の博士」として聖人の列に加えられている。

殺害に至らないまでも、ガリレオ・ガリレイのように異端審問で有罪判決を受ける者もいた。

 

聖書的ではない3つの態度

f:id:christian-unabridged-dict:20210831151602j:plain

www.christiantoday.co.jp

 

クリスチャン・トゥデイに「多くのクリスチャンが取り除かなければならない聖書的ではない3つの態度」という記事があります。引用してみましょう。

神は常に私たちの内で働いておられ、それ故、神は私たちの内にキリストの似姿を生み出すことができる、と聖書は教えている。この神の働きによって、私たちの性質が、キリストの性質に形づくられていくのである。キリストは、父なる神の本質の完全な現れだ。そして、父なる神とは、愛、恵み、慈悲に満ちている存在だ。

キリストの性質に形づくられるという過程には、神に敵対する態度を取り除き、キリストのような態度に置き換えることが含まれる。では、神が私たちから取り除こうとしておられる態度とは何だろうか。ここでは、私たちが取り除くべき聖書的ではない3つの態度を見ていこう。 

 その3つとは

  1. いじめ
  2. 被害者を演じる
  3. キリスト教用語で人を操作する

であるということです。

しかし、そもそもキリスト教はいじめから始まっています。イエス様の性質について、マリヤ様の立場について、ただ一つの理解だけでなくてはならず、これに反する意見を主張するものは異端として排斥したわけです。キリスト教の本質はここにあります。だから、キリストを信じるものは常に他人の信条のデテイルを排斥しようとするのです。いじめはキリスト教キリスト教であるところの基本的な条件だと言うべきでしょう。

また、キリスト教徒は、人祖アダムとエヴァが犯してしまった失敗の責任を図らずも負わせられて苦しんでいる、と考えています。彼らがもっとしっかり神の言いつけを守っていたなら、いまごろは何の問題もなく安穏な生活を謳歌できていたはずだというわけです。つまり、キリスト教徒はアダムとエヴァの被害者なのです。常識的な言い方をすれば、被害者を演じている、ということになるでしょう。被害者を演じることが良くないというのであれば、キリスト教を信じることをやめてしまわなくてはならないことになるでしょう。

 キリスト教用語といえば、「ハレルヤ」「主を賛美します」などよりも、「サタン」とか「悪霊」と口走る人によく会います。「主にあって」という人も多いと思いますが、一体どういう意味なのでしょうか。「主の名によってあなたに命じます」と言われたことがありますが、ふざけている様子ではありませんでした。つまり、キリスト教用語を口走りながら、反社会的な思想や行動を披露して見せるからこそ、「キリスト教徒」である、ということになるでしょう。キリスト教用語を使用せず、他人を嫌な気持ちにもさせないのであれば、その人は常識的な一般社会人でしかありません。

この3つの特徴を兼ね備えている人こそ立派なキリスト教徒なのだ、ということになるでしょう。取り除いてしまっては、非キリスト教徒、つまり「常識的な人」に昇格することになってしまうと思いますよ。