キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

献金

f:id:christian-unabridged-dict:20170823065345j:plain

breakopenword.blogspot.jp

 

キリスト教徒は一生のうち、一体いくらぐらい教会に献金するのでしょうか。試しに計算してみましょう。

 

ここでは簡単のため、就職してから死ぬまでの間、60年間に支払った額を計算します。

 

  • 月額献金 1万円x12x60=720万円
  • クリスマス特別献金 2万円x60=120万円
  • イースター特別献金 2万円x60=120万円
  • 感謝祭特別献金 1万円x60=60万円
  • 席上献金 1000円x4x12x60=288万円
  • 会堂費 10000x60=60万円
  • 交通費 2000x4x12x60=576万円
  • 合計 1944万円

一生に支払う金額は1944万円でした。什一献金などという教会であればもっと多いでしょうが、この金額はおそらく平均よりも少なめの見積もりだと思います。子供や妻を考えに入れるともっと増えるでしょう。

 

什一献金というのは、上記の「月額献金」について、税込み収入額の10分の1支払いなさい、ということであって、その他の献金はその上さらに、ということになります。

 

その他にも、聖餐式には聖餐感謝献金、神学生養成援助献金、夏季、冬季特別献金、建物が古ければその維持費、それに光熱費は別に徴収される場合もあり、礼拝後の食事材料費、子供に配るお菓子の代金、カトリックや正教の場合、法事があれば(正教は毎月、カトリックは年一度)法事謝礼など、ということになるでしょう。

 

本人が本人のために「宝を天に積む」つもりで支払っているわけですから、外から文句を言うつもりはありませんが、まあ捨て金ですね。何か買い物したほうがよほど社会に貢献するでしょうし、他人のために役立てたいというのなら、赤十字へ送金すれば役立ててくれるでしょう。本当に神が存在するのなら、教会に無駄金払って遊んでいるより、よほど評価するでしょうね。