キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

聖書がクリスチャンの道具であること

f:id:christian-unabridged-dict:20210425095546j:plain

dailyverses.net

聖書、とりわけ福音書にあるイエス様の言葉は、クリスチャンの道具として活用されるのを耳目にします。特に次の箇所です。

マタイ 7:1-6

人をさばくな。自分がさばかれないためである。あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられるであろう。なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。自分の目には梁があるのに、どうして兄弟にむかって、あなたの目からちりを取らせてください、と言えようか。偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。 

聖なるものを犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。恐らく彼らはそれらを足で踏みつけ、向きなおってあなたがたにかみついてくるであろう。

僕は一度、教会で、「そんなに口汚く人を罵るものではありませんよ」と言ってしまったことがあるのですが、そういったとたん、その人の目が三角形に変形し、つり上がって、頬を紅潮させ、いわゆる「怒髪天」の状態になって「君は私を裁くのか、裁くものは裁かれる。君も裁かれるんだぞ」と、恐怖の大予言を授かってしまったことを覚えています。

しかし、僕はこの人をさばいているでしょうか。さばいているのではなくて、指摘、または提案をおこなっている、と理解すべきだと思うのですがどうでしょうか。

この例の他にも、「裁くな」の箇所を濫用するクリスチャンは多いように思います。「目の梁」についてもも同様でしょう。

「豚に真珠」については、ある牧師が、講壇からいくら良い説教をしても、聞き手が良くなければ無駄なことで、豚に真珠を投げてやるようなものだ。できればそんな馬鹿げた仕事はしたくない、というようなことを大真面目で話するのを聞いたことがあります。

聴衆が豚かどうかより、お前の説教が真珠かどうかのほうが問題なんじゃないのか、と胸の内に思ったことを思い出します。

いかがでしょうか、クリスチャンなどと言う手合は、神の真理に惹かされてそうなったものはほとんどいません。便利な装身具を手に入れておくか、程度の欲得ずくに過ぎないのです。「クリスチャン」というゲーマーにとって「聖書」とは、「キリスト教」というゲームのなかの、ソードやシールドといった「アイテム」に過ぎないのです。

随分高額な料金が必要な糞ゲーだと思いますよ。ちなみに「神学」というのはこのゲーム用のマニュアルとして発展した似非学問です。宇宙一どうでもいい分野だと思います(笑)。