キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

カオダイ教とキリスト教

f:id:christian-unabridged-dict:20210505090526j:plain

vnexpress.net

カオダイ教という宗教をごぞんじでしょうか。Wikiでは、

ja.wikipedia.org

ホーチミン市から北西約100kmのタイニン省ベトナム語:Tĩnh Tây Ninh/ 省西寧)ホアタイン市社(ベトナム語:Thị xã Hòa Thành/ 市社和城)に総本山がある。信徒数は約100万から300万と言われ、タイニン省の人口の7割あるいは3分の2がカオダイ教の信者だと言われる。カオダイとはベトナム道教最高神玉皇上帝のことであり、総本山教会堂の祭壇中央に信者を見下ろすように設置される目だまは、カオダイの神の目である。これは天眼と呼ばれ「宇宙の原理」「宇宙の至上神」の象徴とする。この目玉はカオダイ教のシンボルマークでもある。

と説明されています。

シンボルマークの目玉は、キリスト教の三位一体を表す図像によく似ているようにも思われます。

f:id:christian-unabridged-dict:20210507080107j:plain

Trinity symbol

www.alamy.com

 

Wikiには、次のような説明もあります。

教義では、キリスト教的な要素、特に聖職者の階級制度を採用していると言われるなどカトリックの側面が見られる一方で、古来からの精霊崇拝の要素も見られる。孔子老子、釈迦、観音菩薩、キリスト、ムハンマド、さらには李白太上老君老子)、ソクラテストルストイヴィクトル・ユーゴーなどを聖人や使徒と仰ぐ。1959年に死んだファン・コン・タックという人物がカオダイの新たな教祖として祀られている。タックはキリスト教徒であったが仏教、儒教、老教、キリスト教神道を束ね世界の救済を行ったとされる。

カオダイは第1回目の人類救済のために釈迦の姿を借り現世へ現れ、第2回目はキリストと老子の姿を借りて現れた。現在、3回目の人類救済のために東西諸宗教を統合したとされる。 

宗教とは、まさに、このようにして歩みだすものと理解することができるでしょう。発足当時の有力な宗教の特徴を取り入れて、それらの教義を脚色することによって新しい宗教を立ち上げるわけです。

キリスト教も同様だったのでしょう。キリスト教は、ユダヤ教ミトラス教ゾロアスター教アラビア神話ギリシャ神話ローマ神話メソポタミア神話エジプト神話といったような様々な宗教から一部の要素を盗み取って成立したのだ、といえるわけです。

キリスト教にとって都合が良かった大きな理由は、その盗み取りを実施した勢力に、ローマ帝国という国家が一枚噛んでいたことです。おかげで盗み取りの痕跡は首尾よく抹消されました。実際、現代のほとんどのキリスト教徒は、イエス様の出現が即ちキリスト教の発生である、と刷り込まれていて、そう信じ込んでいるように見えます。

もう一度Wikiカオダイ教から引用してみましょう。

カオダイ教ベトナム語:Đạo Cao Đài/ 道高臺)は、ベトナム新宗教。1926年、ファム コン タック(ベトナム語: Phạm Công Tắc/  , 1890年- 1959年)[1]とレ・ヴァン・チャウン(ベトナム語:Lê Văn Trung/ 黎文忠, 1876年 - 1934年12月19日)によって唱えられた。五教(儒教道教、仏教、キリスト教イスラム教)の教えを土台にしたことから、カオダイ=高臺(高台)と名付けられた。

自ら、色々な宗教を土台にしていることをのべていますね。キリスト教のように隠蔽しようとはしていません。優れているのはどちらのスタンスでしょうか。