キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

暗黒世界へ追放される者とは

f:id:christian-unabridged-dict:20210316172709j:plain

word-dictionary.jp

マタイの福音書には、「外の暗闇」という表現が三回現れます。見てみましょう。

マタイの福音書 8:11-12

なお、あなたがたに言うが、多くの人が東から西からきて、天国で、アブラハム、イサク、ヤコブと共に宴会の席につくが、この国の子らは外のやみに追い出され、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。

マタイの福音書 22:12-13

彼に言った、『友よ、どうしてあなたは礼服をつけないで、ここにはいってきたのですか』。しかし、彼は黙っていた。そこで、王はそばの者たちに言った、『この者の手足をしばって、外の暗やみにほうり出せ。そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう』。

マタイの福音書 25:29-30

おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。この役に立たない僕を外の暗い所に追い出すがよい。彼は、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう』。

 一般的な教会の解釈では、「外の暗闇」を地獄のこと、あるいは、最後の審判のときに開かれる、地獄のようなところのこと、ということになっているようです。

こういう直感的でない表現にぶつかると、キリスト教という世界の住人たちは、ついついファンタジー的な解釈をしたがるようなのですが、もしそうなのであれば、はっきり「地獄」と言われたのではないかと思います。同じマタイの福音書には

マタイの福音書5:22

しかし、わたしはあなたがたに言う。兄弟に対して怒る者は、だれでも裁判を受けねばならない。兄弟にむかって愚か者と言う者は、議会に引きわたされるであろう。また、ばか者と言う者は、地獄の火に投げ込まれるであろう。

という表現があります。ですから、「外の暗闇」と「地獄」は別のものであると考えるべきです。

地獄については過去の記事

christian-unabridged-dict.hatenablog.com

をご参照ください。

それに、外の暗闇が(キリスト教の考えている)地獄の意味であるというのであれば、イエス様は、自分の思い通りに動けない人に対して、死んで地獄に堕ちろ、と言っていることになってしまいますよね。

日本語でも、ある事柄に精通していることを「明るい」、よく知らないことを「暗い」という場合がありますが、この場合の「暗い」もそういう意味でのことだと思います。

「外の暗いところ」とは、「イエス様の教えの価値を知ろうとはしない者たちのグループ」ということになるでしょう。マタイ十章にある次のことばがしめすような、「町」とか「家」がそのようなところでしょう。

マタイの福音書 10:13-14

もし平安を受けるにふさわしい家であれば、あなたがたの祈る平安はその家に来るであろう。もしふさわしくなければ、その平安はあなたがたに帰って来るであろう。もしあなたがたを迎えもせず、またあなたがたの言葉を聞きもしない人があれば、その家や町を立ち去る時に、足のちりを払い落しなさい。 

教えても理解しようとしない人に、いつまでも執拗に食い下がっても、思っているような効果は期待できない。だから、そういう人たちは残念だが暗いままで放置するしかないね、と言っているわけです。

 

マタイの福音書八章の引用についてもう少し考えて見ましょう。

マタイの福音書 8:11-12

なお、あなたがたに言うが、多くの人が東から西からきて、天国で、アブラハム、イサク、ヤコブと共に宴会の席につくが、この国の子らは外のやみに追い出され、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。

中国語で「東西」というと、「物」という意味になります。僕は、中国語に精通しているわけではありません(明るくはない)ので、「東西(トンシ)」と聞きますと、デパートのショーケースに並んでいる「商品」のイメージが頭に浮かびます。

マタイのこの箇所で言われている、東西から来る多くの人とは、異教徒のことと考えれば自然でしょう。また、外の闇に追い出されるこの国の子らとは、聖書を読んでイエス様の教えを知ったつもりでも、死後の魂の行方など、本質とはかけ離れた無意味なことばかりに興味を置く人たち、つまりキリスト教徒のことを言っているのだと考えると、素直に納得することができるのではないかと思います。

エス様は、キリスト教徒が最も暗いもの、となることをご存知だったようです。