キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

大審問官

f:id:christian-unabridged-dict:20210715130908j:plain

epicworldhistory.blogspot.com

ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」という作品に「大審問官」というサブタイトルのある一節があります。

主人公アレクセイの兄、イワンが、自作の劇詩をアレクセイに読み聞かせる場面です。大変に長い劇詩なのですが、冒頭と最後の部分を引用してみましょう。

それにしても、なぜおまえはわしらの邪魔をしに来たのだ? おまえはわしらの邪魔をしに来たのだ。それはおまえにもわかっておるはずだ。しかし、おまえが明日どんなことが起こるか知っておるかな? わしはおまえが何者かは知らぬ、また知りたくもない。おまえは本当のキリストか、それとも贋物(にせもの)か、そんなことはどうでもよい、とにかく、明日はおまえを裁判して、邪教徒の極悪人として火烙(ひあぶ)りにしてしまうのだ。すると今日おまえの足を接吻した民衆が、明日は、わしがちょっと合い図をしさえすれば、おまえを焼く火の中へ、われ勝ちに炭を掻(か)きこむことだろう、おまえはそれを知っておるのか? おそらく知っていられるであろうな』と彼は片時も囚人(めしうど)から眼を離そうとしないで、考えこむような風に、こう言い足したのだ

<中略>

くり返して言うが、明日はおまえもその従順な羊の群れを見るだろう。彼らは、わしがちょっと手で合い図をすれば、われがちにおまえを焼く炬火へ炭を掻(か)きこむことだろうよ。それはつまり、おまえがわれわれの邪魔をしに来たからだ。実際、もし誰か、最もわれわれの炬火に焼かれるにふさわしい者があるとすれば、それはまさしくおまえだ。明日はおまえを焼き殺してくれるぞ。Dixi(これでおしまいだ)

カトリック教会の異端審問官」なる人物をして語らしめてはいるものの、これはお察しの通り、すべてのキリスト教徒の内心の暴露に他なりません。

福音書には、ついて来たければ、今すぐすべての持ち物を捨てなさい、と書いてあることも、教えを述べ伝えるものは無一文で着替えも持たず、物乞いをしながら行きなさい、と書いてあることもよく知ってはいるものの、実際には誰一人そうしようとはしません。そんなことはしたくないからです。

信仰とは、カトリックプロテスタントが、あるいは旧式ミサ派と新式ミサ派が、または創造論派と進化論派が、社会派と教会派が、中絶反対派と賛成派が対立して勝敗を極めることである、と思い込んでいる者たちにとって、突然キリストが目の前に現れて、

「私が言ったことはそんなことでは無いよ。そんなことはどうでもいいんだよ」

と言われてしまうことは都合の悪いことです。だから、そう口走ろうとするキリストが現れるたびに、彼を捉えては、この大審問官のように、燃え盛る炭火に投げ込んで焼き殺しているのです。