キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

キリスト教が偶像を崇拝していること

f:id:christian-unabridged-dict:20200806084832j:plain

news.biglobe.ne.jp

キリスト教は(ユダヤ教もですが)偶像を崇拝することを禁じています。

出エジプト記 20:4-6

あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三四代に及ぼし、わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。

しかし、聖書は、神の容姿を説明しています。

創世記 1:27

神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。

上に引用したサイトの記事にもある通り、ヨハネ福音書には、

ヨハネ福音書 1:18

いまだかつて、神を見たものはいない

とあるものの、実際には、鏡で自分自身をみれば、また、他の人を見れば、それを、「神に似た姿」である、と理解することができるわけです。

完全な意味で「偶像」を礼拝しないというのであれば、つぎのような基準に従うべきだと言えるでしょう。

  • 神がいるかいないかと推測してはならない。
  • 神に関する一切の情報に接してはならない。
  • 神を想像してはならない。
  • 何者に対しても祈念してはならない。
  • 死後の仮定を想像してはならない。

こんなところでしょうか。おおまかに言って、このような事柄を守っているのであれば、偶像崇拝をしていない、と言うことができるわけです。

しかしながら、ユダヤキリスト教の正典である旧約聖書には、神の容姿についての説明があったり、キリスト教の正典である新約聖書には、神自身が人の目に見える形で、この世に出現したと説明されていて、キリスト教徒は、その「人」でもあるものを「神」として礼拝しているわけです。

おわかりでしょうか、キリスト教という宗教は、笑ってしまうぐらいコテコテの「偶像崇拝」なのです。カトリックも正教もプロテスタントも同じことです。礼拝堂の中に聖人像があるかないかというのは、ほんの些細な違いに過ぎません。神の姿を想像することができる時点で、それは立派な偶像たり得るのですから。

キリスト教偶像崇拝を禁じている理由は、「他の偶像」を拝んで利益を横流しするな、ということに過ぎない、ということです。