キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

先住民をあざける高校生ら、その後

f:id:christian-unabridged-dict:20190121094139j:plain

過去の記事
christian-unabridged-dict.hatenablog.com

 

ですが、その後動きがあったようです。本ブログでも取り上げた以上、触れておくべきか、と思いました。

1つめは、

「先住民をあざける米高校生ら 監督教区と学校が連名で謝罪」という報道です。

headlines.yahoo.co.jp

ワシントン特別区、1月21日(AP)― 米の首都ワシントンにあるリンカーン記念堂の前で、南部カトリック系男子高校の生徒らが先住民男性を取り囲んであざ笑う動画がインターネットに投稿されたことを受けて、ケンタッキー州の監督教区が1月19日、謝罪を表明した。
 先住民族の権利を訴える「先住民族の行進」と、同高校生らも参加した数千人規模の人工中絶に反対する「いのちの行進」が偶然重なったリンカーン記念堂の前で18日、トラブルを未然に防ごうと、2つのグループの間に入ったネーティブアメリカンのネイサン・フィリップスさんが、太鼓を叩いて祈りを捧げた。
 すると、フィリップスさんの目の前に、「アメリカを偉大に」という標語が入った帽子をかぶった1人の高校生が立ちはだかり、あざ笑うような目つきでフィリップスさんを凝視。これに合わせて、周りにいた高校生らもフィリップスさんをからかうような言動を繰り返した。
 この様子を撮影した動画がネット上で拡散すると、ケンタッキー州パーク・ヒルズのコビントン・カトリック高校と同監督教区が連名でフィリップスさんに謝罪。学校は「退学を含む何らかの処置が取られる」ことを明らかにした。
 高校生らの行動について、フィリップスさんは「グループ同士の衝突しないように祈っただけだ。この国が分断されるのを見るのは…もうたくさんだ」と述べた。

 一方、

「米高校生インタビューに答える 先住民を敬い人種差別を否定」

という報道もあります。

headlines.yahoo.co.jp

コビントン、ケンタッキー州、1月24日(AP)― 米の首都ワシントンにあるリンカーン記念堂の前で、南部カトリック系男子高校の生徒らが、先住民男性を取り囲んであざ笑う動画がインターネットに投稿され、高校生に対する無責任な意見や中傷がネット上に氾濫している。
 意図せぬことで論争の当事者となった、南部ケンタッキー州コビントン・カトリック高校の生徒ニック・サンドマン君が1月22日、米NBCニュースの番組でインタビューに応じた。

 

僕の個人的な感想としましては、高校生はインタビューに、「僕に落ち度はない、彼を尊敬しているし話がしたい。一方的な決めつけは良くないと思う」と答えていますが、まあ、本当のところはわからないとしても、少なくとも、あの動画の少年の態度は、「尊敬」している人物に対する態度には見えない、と思いました。

それに、高校やカトリック教会の所属教区は、なによりもまず、少年を守るべき義務があるはずです。それが、謝罪を表明した、と報道されているわけですから、結局、少年はクロだと判断した、と理解しても良いのではないでしょうか。

日本と違い、高校生であっても、このようにメディアに晒されるのだな、と、気の毒には思いますが、政治的なスローガンを身に着けて、公的な場所へ出て主張するのであれば、それなりのリスクは覚悟しなくてはならないでしょう。