キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

神とは何でしょうか、実在するのでしょうか。

f:id:christian-unabridged-dict:20170712094725p:plain

Image Gallery moses pillar of fire

 

創世記第13章21-22節

主は彼らの前に行かれ、昼は雲の柱をもって彼らを導き、夜は火の柱をもって彼らを照し、昼も夜も彼らを進み行かせられた。
昼は雲の柱、夜は火の柱が、民の前から離れなかった。

 

この記述を見ると、神の霊体が超常現象を示しているかのように思えますが、違います。出エジプトイスラエル人の隊列は 非常に長大だったので、列の最後尾であっても先頭の位置が把握できるように、大きな火壺に昼は獣脂を燃やして白い煙を立て、夜は木の枝などを燃やして目印にしたのですが、それを、これは神だ、と表現したわけです。

 

なにであっても、重要なことを知らせる場合に、その主体が「神である」と言う、つまり行政の手段として「神という概念」が利用されたということです。

 

神は実在しません。行政の手段としての方便に過ぎなかったわけです。