キリスト教大辞典

キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

ユダヤ・キリスト教の神

f:id:christian-unabridged-dict:20181212132337j:plain

www.history.com

 

宗教の発生には二種類の要因があると思います。たとえば日本の神道ですが、元々は自然崇拝であって、アマテラスの実体は太陽であろう、ということを、無理も苦労もなく想像することができます。

農耕という生活の手段において、人間がどうしようもないこと、といえば自然の猛威です。嵐、水難、地震、山火事、日照り、寒い夏、温かい冬など、どのように努力してもそれを避けることができないとき、それを神とみなして、なんとか鎮まってくださるように、と願うわけです。日本語の「祈る」とは元来「慰、宣る」であって、荒ぶる神の霊に語りかけて、なんとか安らげていただこう、と努力することであったのです。

一方、ユダヤキリスト教の神、おそらくはイスラームも同様だと思いますが、自然現象を神格化したものではなくて、国家を神格化したものです。

ユダヤ教の神はイスラエルという国家であり、キリスト教の神はローマ帝国という国家そのものであったということです。

キリスト教は、旧ローマ帝国、新ローマ帝国の国教として発展し、ビザンチン消滅の後も、帝政ロシアの国教となりながら、政治の道具として花開いたわけです。

日本の正教会の祈祷書にも、「我が国の天皇、皇后、東宮東宮妃、諸宮家、および諸皇族のために」という連祷があります。テモテ書簡に拠る結果です。読んでみましょう。

テモテ書簡 2:1-3

そこで、まず第一に勧める。すべての人のために、王たちと上に立っているすべての人々のために、願いと、祈と、とりなしと、感謝とをささげなさい。それはわたしたちが、安らかで静かな一生を、真に信心深くまた謹厳に過ごすためである。これは、わたしたちの救主である神のみまえに良いことであり、また、みこころにかなうことである。

しかし、日本の皇室は正教会に祈祷してもらうことを望んではいないのですから、結局はロシアの定文を機械的に日本語に翻訳して、それを愚直に唱えているだけだ、ということにしかならないでしょう。

 

キリスト教という宗教は、国家が国家運営のために応用するためのものであって、それ以外の用のためには有効性を発揮することが出来ないものなのです。

たとえば、カトリック教会は、「バチカン」という国を作り、「教皇」という皇帝を立てて擬似帝国の宗教、という体裁に落ち着いているようですが、それでは、国家が神である、という要件を満たしていません。

また、福音派の小集団達は、それぞれの牧師が国家元帥である国粋主義を打ち立てようとしているようですが、結局は低俗な思想団体ぐらいにしかなることができていません。

 

つまり、ユダヤ教はともかくとして、キリスト教という宗教は、現代において、その効力を発揮できる機会を失ってしまっているのだ、と言えるわけです。

「犠牲」の進化とキリスト教の矛盾

f:id:christian-unabridged-dict:20181208140917j:plain

www.afpbb.com

 

申命記の次の記述をお読み下さい。

12:29あなたの神、主が、あなたの行って追い払おうとする国々の民を、あなたの前から断ち滅ぼされ、あなたがついにその国々を獲て、その地に住むようになる時、 12:30あなたはみずから慎み、彼らがあなたの前から滅ぼされた後、彼らにならって、わなにかかってはならない。また彼らの神々を尋ね求めて、『これらの国々の民はどのようにその神々に仕えたのか、わたしもそのようにしよう』と言ってはならない。 12:31あなたの神、主に対しては、そのようにしてはならない。彼らは主の憎まれるもろもろの忌むべき事を、その神々にむかって行い、むすこ、娘をさえ火に焼いて、神々にささげたからである。

「神に犠牲を捧げる」という考えは、世界中どこにでもあるようです。日本の神社にも賽銭箱がありますが、賽銭も神に捧げる犠牲の一つであると言えるでしょう。日本でも有力者が死んだときには、人間を生きたまま副葬していた、ということがあったようですが、時代が下がると、土器で代用するようになります。「埴輪」ですね。

人間を、生きたまま神に捧げる、ということは、最も原初的な方法だったのでしょう。聖書では、しばしば言及されていて、その方法による犠牲の実施が禁じられています。他の箇所も確認してみましょう。

申命記 18:10

あなたがたのうちに、自分のむすこ、娘を火に焼いてささげる者があってはならない。 

列王紀下 16:3

彼はイスラエルの王たちの道に歩み、また主がイスラエルの人々の前から追い払われた異邦人の憎むべきおこないにしたがって、自分の子を火に焼いてささげ物とした。

列王紀下 17:16-17

彼らはその神、主のすべての戒めを捨て、自分のために二つの子牛の像を鋳て造り、またアシラ像を造り、天の万象を拝み、かつバアルに仕え、またそのむすこ、娘を火に焼いてささげ物とし、占いおよびまじないをなし、主の目の前に悪をおこなうことに身をゆだねて、主を怒らせた。

歴代志下 33:6

彼はまたベンヒンノムの谷でその子供を火に焼いて供え物とし、占いをし、魔法をつかい、まじないを行い、口寄せと、占い師を任用するなど、主の前に多くの悪を行って、その怒りをひき起した。

 他にもまだあります。

 

しかし、そんなことを繰り返していては人口が減少してしまいますし、そうそう簡単に生命を扱っていたのでは、倫理観も低下して、社会性が向上しません。

そこで、もうそういう犠牲の方法は止めにしなさい、犠牲を捧げるのであれば、動物をもって人に代わるものとし、以降は人間を殺して捧げてはならない、と律法で定めたわけです。

おわかりでしょうか。それなのに、神自身が望んで、真の人間でもあるイエス様の生命を犠牲として受け入れるはずが無いのです。三位一体であるというのであれば、

「あなたがたのうちに、自分のむすこ、娘を火に焼いてささげる者があってはならない。」

という、戒めに、自ら進んで反してしまうことになってしまうわけですからね。

ちゃんと聖書を読んでいればすぐにわかるはずだと思いますよ(笑)。

偶像崇拝が禁じられた理由

f:id:christian-unabridged-dict:20181207133440j:plain

www.senjyuin.or.jp

 

キリスト教偶像崇拝を禁じている、という理解が一般的でしょう。「モーセの十戒」を確認してみましょう。

  1. 主が唯一の神であること
  2. 偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
  3. 神の名をみだりに唱えてはならないこと
  4. 安息日を守ること
  5. 父母を敬うこと
  6. 殺人をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ)
  7. 姦淫をしてはいけないこと
  8. 盗んではいけないこと
  9. 隣人について偽証してはいけないこと
  10. 隣人の財産をむさぼってはいけないこと

確かにありますね 。第2に「偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)」とあります。しかし、第1を見ると「主が唯一の神であること」とあります。ということは、主が唯一の神であると理解しながらも、偶像を作ったり、偶像を崇拝したりしてしまう場合が、実際にあったのだろう、ということが想像できます。

どういうことなのでしょうか、あまり長々と説明しても意味がありませんので、結論だけ申し上げますが、聖書の言う「偶像」とは、「異教」、つまり、政敵である近隣諸国のことを示しているのです。

聖書には、イスラエル偶像崇拝を禁じられた原因が示されています。少し長いですが引用してみましょう。

列王記 11:1-13

ソロモン王は多くの外国の女を愛した。すなわちパロの娘、モアブびと、アンモンびと、エドムびと、シドンびと、ヘテびとの女を愛した。主はかつてこれらの国民について、イスラエルの人々に言われた、「あなたがたは彼らと交わってはならない。彼らもまたあなたがたと交わってはならない。彼らは必ずあなたがたの心を転じて彼らの神々に従わせるからである」。しかしソロモンは彼らを愛して離れなかった。彼には王妃としての妻七百人、そばめ三百人があった。その妻たちが彼の心を転じたのである。ソロモンが年老いた時、その妻たちが彼の心を転じて他の神々に従わせたので、彼の心は父ダビデの心のようには、その神、主に真実でなかった。 これはソロモンがシドンびとの女神アシタロテに従い、アンモンびとの神である憎むべき者ミルコムに従ったからである。このようにソロモンは主の目の前に悪を行い、父ダビデのように全くは主に従わなかった。そしてソロモンはモアブの神である憎むべき者ケモシのために、またアンモンの人々の神である憎むべき者モレクのためにエルサレムの東の山に高き所を築いた。彼はまた外国のすべての妻たちのためにもそうしたので、彼女たちはその神々に香をたき、犠牲をささげた。
このようにソロモンの心が転じて、イスラエルの神、主を離れたため、主は彼を怒られた。すなわち主がかつて二度彼に現れ、この事について彼に、他の神々に従ってはならないと命じられたのに、彼は主の命じられたことを守らなかったからである。それゆえ、主はソロモンに言われた、「これがあなたの本心であり、わたしが命じた契約と定めとを守らなかったので、わたしは必ずあなたから国を裂き離して、それをあなたの家来に与える。しかしあなたの父ダビデのために、あなたの世にはそれをしないが、あなたの子の手からそれを裂き離す。ただし、わたしは国をことごとくは裂き離さず、わたしのしもべダビデのために、またわたしが選んだエルサレムのために一つの部族をあなたの子に与えるであろう」。

周辺の諸国と戦争をし続けるよりは、同盟を結び、文化も人も交流すればいい。国を開いて国交を固めよう。そう考え、主要な貿易相手国の子女を娶って、国交を盛んに行った結果、ソロモンの子の代には、イスラエルが弱体化してしまい、南北に分裂してしまう原因となって行きます。

このことを、「偶像崇拝」と言って抽象的に戒め、近隣の異教徒は偶像を崇拝しているような次元の低い奴原ばかりだ、と蔑んでいんるわけです。

世界史を見れば解りますが、そう言って蔑まれた異教徒のほうが実力としては上で、後に、結局イスラエルという国家は消滅させられてしまいます。

これは、ソロモンの時代のイスラエルに特有な事情であり、現代の日本には当てはまらない事柄である、ということになってしまうでしょう。だから、カトリックや正教が画像や塑像を聖堂に安置して尊崇することは偶像崇拝だ、などと的外れな批判を展開するようなことが起きるわけです。

「現代で言えば」などと言って、何でも無理やり当てはめる必要はありませんよ、ということです。仏教徒、というか、日本人の葬儀に出席すると、偶像崇拝したとみなされて、神に罰せられる、と思い込んでいる、あるいはそいう思い込ませようとしている教派があるようですが、仏像は偶像ではありませんし、葬儀に参列する人は、故人を礼拝するために集まっているわけでもありません。そんなことぐらい、説明しなくてもわかりますよね。

プロテスタントは、カトリックを「行為義認」と言って嘲笑していますが、それでは「行為不義認」でしょう。そんな考えの中には、神が不在だと嗤われてしまいます。

実際、神自身が、イスラエルの神を礼拝するためであるならば、造形物を作成するように命令しています。引用しましょう。

出エジプト記 25:17-22

また純金の贖罪所を造らなければならない。長さは二キュビト半、幅は一キュビト半。また二つの金のケルビムを造らなければならない。これを打物造りとし、贖罪所の両端に置かなければならない。一つのケルブをこの端に、一つのケルブをかの端に造り、ケルビムを贖罪所の一部としてその両端に造らなければならない。ケルビムは翼を高く伸べ、その翼をもって贖罪所をおおい、顔は互にむかい合い、ケルビムの顔は贖罪所にむかわなければならない。あなたは贖罪所を箱の上に置き、箱の中にはわたしが授けるあかしの板を納めなければならない。その所でわたしはあなたに会い、贖罪所の上から、あかしの箱の上にある二つのケルビムの間から、イスラエルの人々のために、わたしが命じようとするもろもろの事を、あなたに語るであろう。

旧約聖書では、天使は神の象徴であって、神自身が天使の姿で人に現れる、という箇所がいくつかあります。つまり、ケルブは神を表現しているのであって、この箇所を読めば、神は神の造形化を一切禁じているわけでは無い、ということが理解できるでしょう。宗教は全て「偶像を崇拝する文化」なのです。

聖書は、ある一節だけを抜き出しても、その直接の言葉の意味だけから本意を導き出すことはできません。「偶像崇拝の禁止」とは、「偶像を崇拝すること」を禁じているわけではないのです。

「求めよ」とは

f:id:christian-unabridged-dict:20181206130632j:plain

ティベリア 西修二郎

 

エス様は、山上の説教において、次のように言われました。

マタイ福音書 7:7-8

求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。

この箇所を読んだクリスチャンは、たいていの場合、ほしいものがあるときは、ほしい、ほしい、と念じよ、物を失くしたときはよく探せ、試験を受けるときには、しっかり試験勉強をせよ、そうすれば神が助けてくださるのだ、という教えだな。

という程度の理解しかしないでしょう。しかし、おそらく既にお察しのとおり、そういうことを言っているのではありません。この説教の意味するところは、

「何を求めればいいのか、を考えながら生きていく自分自身でありなさい」

ということです。主体は神ではなくて、あなたがた一人ひとりの内面にあるのだよ、と言っているわけです。

一から十まで丁寧に説明しないのが聖書の特徴ですが、とても重要な事柄が述べられている箇所ですので、引き続いて説明が述べられています。

あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。このように、あなたがたは悪い者であっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか。

親は子どもには良いものを与えるもの。たとえ悪人であっても子どもに悪いものは与えないだろう、それが人間の自然な行いだ。しかし、自分自身のためには、良いものを選ぶことをしなくなってしまいがちだから注意しなくてはならないよ、というわけです。

だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。これが律法であり預言者である。

しかし、ただ待っていてはだめだよ、肝心なことは、あなたがたが、自分自身で考えて、良い社会を実現するためには何を求めればいいのか、を考えながら生きていく自分自身であることを望んで、それを実行しなくてはならない。律法や預言者が言っていることは、つまりこのことなんだよ、と教えているわけです。

なんだ、そんなこと当たり前じゃん、そんな程度の解釈でいいなら教会なんて要らないし、別に聖書も読む必要ないよね、と思われたでしょうか、実はそのとおりなんですよ(笑)。

エホ証の正しい理屈

f:id:christian-unabridged-dict:20181204095802p:plain

postbarthian.com

子供の頃を思い起こしますと、河原町通りや四条通り、新京極などでも、カトリックの修道女をよく見かけたものですが、最近はあまり見かけませんね。それと、黒い法被を着た天理教の人立ちが、拍子木を鳴らして歌を歌いながら、行列を組んで練り歩くのも見なくなりました。

エホバの証人が、子連れで訪問してくることもすっかり無くなってしまいましたね。家にいる時間帯が変わったので気づかないだけなのかも知れませんけど(笑)。

エホバの証人と言えば、三位一体を認めません。イエス様は神(の一部)であるという、大多数のキリスト教とは異なり、人間である、という理解ですね。

細かい話をしだすとキリがありませんが、端的に言って、この理解は正しいと思います。簡単に言えば、福音書でイエス様が、その説明を行っているかいないかということです。大多数の教会が盲従しているから、ではなくて、自分自身で福音書を読んで導き出した理解によって、イエス様は神(の一部)では無い、と考えることは、正しいことでしょう。

キリストを神では無い、と言っているのに、エホバの証人は、自分たちのことを「クリスチャン」と言っていて矛盾している、と言う人がいますが、本来、「キリスト」は「神」という意味ではありません。また「救い主」という意味でもなくて、「膏(あぶら)を注がれた(塗られた)者」という意味なのです。ナザレのイエスを特定したとしても、神であるかないかはその意味に含まれてはいないのですから、エホバの証人が、自分たちのことを「クリスチャン」と言うことは間違いでは無いわけです。

 

では、その言っていることの全てが正しいのか、どうでしょうか。

例えば、食血の禁止があります。血を食してはならないというレビ記の記述から、血を食すこと、輸血を行うことなどを拒否していることはよく知られたことです。

しかし、それならば、同じように禁止されている、ブタ、カニ、エビ、貝類、イカ、タコ、なども食べないのでしょうか。

また、肉と乳製品の組み合わせも禁止されているのですから、ハンバーグ、シチューもダメでしょうし、肉食後にフロマージュを食べることも避けなくてはなりません。

つまり、ユダヤ教の食物規定である「カシュルート」をきっちり守っている、というのであればわかりますが、実際のところ、輸血を拒否して、反社会的な立場を主張しているだけのように見えます。

また、平和的で無いからという理由で、学校での武道の授業をボイコットするように、子どもに強要することもよく知られていますが、実際には、子どもを躾けると称して、ムチで打つ、というのですから驚きです。例えば、次のサイトを見て下さい。

gendai.ismedia.jp

 

ここで多くを語ってもせん無いことですので、専門家に任せたいと思いますが、疑問に思うことは自分自身でよく考えて、よくない、と思ったならば、そこから離れる努力をして下さい。

また、教義で神は三位一体と定義されているから大丈夫、ということでは無いと思います。エホバの証人などは極端な例ですが、それ以外の、いわゆる正統教義の教会であってもダメな教会はいくらでもあります。僕の観察では、キリスト教は全てアウトです(笑)。

神の子羊の食卓に招かれるもの

f:id:christian-unabridged-dict:20181201083501j:plain

reformedbaptist.blogspot.com

 

ルカ福音書に、「盛大なる晩餐会のたとえ」と言われる一節があります。

ルカ福音書 14:15-24

列席者のひとりがこれを聞いてイエスに「神の国で食事をする人は、さいわいです」と言った。そこでイエスが言われた、「ある人が盛大な晩餐会を催して、大ぜいの人を招いた。晩餐の時刻になったので、招いておいた人たちのもとに僕を送って、『さあ、おいでください。もう準備ができましたから』と言わせた。ところが、みんな一様に断りはじめた。最初の人は、『わたしは土地を買いましたので、行って見なければなりません。どうぞ、おゆるしください』と言った。ほかの人は、『わたしは五対の牛を買いましたので、それをしらべに行くところです。どうぞ、おゆるしください』、もうひとりの人は、『わたしは妻をめとりましたので、参ることができません』と言った。僕は帰ってきて、以上の事を主人に報告した。すると家の主人はおこって僕に言った、『いますぐに、町の大通りや小道へ行って、貧乏人、不具者、盲人、足なえなどを、ここへ連れてきなさい』。僕は言った、『ご主人様、仰せのとおりにいたしましたが、まだ席がございます』。主人が僕に言った、『道やかきねのあたりに出て行って、この家がいっぱいになるように、人々を無理やりにひっぱってきなさい。あなたがたに言って置くが、招かれた人で、わたしの晩餐にあずかる者はひとりもないであろう』」。

直感的に理解できる喩えとは言えませんね。何をいいたいのでしょうか。例えば、

d.hatena.ne.jp

というサイトでは、

けれども、キャンセルしてはならない約束があります。それは神さまとの約束です。神さまの招待です。神の国への招きです。

 と言いたいのだ、と説明していますし、

www.shining-hill.org

というサイトでは、

自分が招かれているとは思っていないこの人も、実は招かれているということです。

だから、その招きを断らないように、という話をなさるんです。

神の招きを人ごとのように考えてはいけない。

そんなふうに考えているなら、自分中心の考えでその招きを断ってしまうことになるかもしれない。

そうならないように気をつけなさい。

自分も招かれているんだと自覚しなさい。

これが、イエス様の言いたいことなんですね。

と説明されています。

つまり、神からの招きを感じたら、断らずに受けましょう、という勧めなのだと理解しているわけです。

しかし、違うでしょうね。それでは、断るも断らないも無く、無理やりにひっぱって来られた人々についての説明が不十分となってしまいます。

この箇所が言いたいところは何かといいますと、「神の食卓に招かれている」と思い込んでいる偽善者、つまり現代風にいえば「キリスト教徒」ですが、彼らほど神を知らないものは無いのだよ、という予言です。そして、福音に無縁な者であっても、神は一人残らず嘉しているのだよ、と教えているわけです。

考えてみれば当たり前の話です。自分に賛同するものだけを可愛がるものが神であるはずがありません。それでは、頭の悪い教師が扱いやすい生徒だけを偏愛するのと同じことでしょう。むしろ、「神様」などと言って擦り寄っては、神を手なづけた、と安心している、似非同調者の本心を見抜いて排斥しないのであれば、正義とは言えません。

キリスト教徒になることによって堕落することの容易さ、その不必要性を指摘しているのですが、実はそれほど頭を悩ませずとも理解することはできます。福音書にそんなことが書かれている、と思いたくないので、この箇所は難しい、などと言って、奇想天外な解釈が出てくるわけです。

福音書には、人はキリスト教徒になる必要は無い、むしろ、キリスト教徒になると神から離れてしまうよ、ということが書かれてあるのです。これが真実です。

最初は正しく美しい

f:id:christian-unabridged-dict:20181130124552j:plain

崇徳上皇の怨霊

www.oiran-taiken.com

 

平家物語は読まれましたでしょうか。僕は、吉川英治の「新平家物語」を読みました。原典のまま、とか、岩波などの翻訳ものを読んでいれば、平家は読みましたよ、と威張れるのでしょうが、吉川の新平家は、ある程度原作に拠っているとは言え、半ば創作物語のような歴史小説であって、「平家を読んだ」と言うにはちょっと弱いところがありますが、それでも、文庫で十数冊にも及ぶ大作だったと思います。

中学生の頃でしたので、もう随分前の話ですが、よく覚えている箇所があります。崇徳上皇が、父、鳥羽法皇の死に際して対面できなかったこと、また、子でなく、弟が後白河帝として皇位を継承したことなど、色々な思惑が絡み合って「保元の乱」が起ったことについて、今回のタイトルである「最初は正しく美しい」と記されていたことです。

発端は皇室の家族同士のいがみ合い、兄、崇徳上皇が、弟、後白河天皇を諌めようとしたに過ぎなかったわけで、もし、彼らが腹を割って話し合いをすることがあったなら、歴史に「もしも」はありえない、とは言うものの、そう思わざるを得ない、と言ったところでしょう。しかし、これをきっかけに、皇族、公家、源平の武家などが敵と味方に別れて戦いとなり、後に、実政権を武家に奪われてしまうきっかけの一つとなっていくわけです。

当初、誰かの意見に賛同し、その勢力に参加することが正しいことだと思っていても、いつの間にか本意を逸脱した潮流に乗っていて、全く思ってもいなかった別の帰着点に向かい始める、というようなことはよくあることです。

 

カエサルの貨幣」だけを頼りに生きながらえている、自称「キリストの体」たる現状のキリスト教会を、イエス様はどのように見ているでしょうか。