キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

五つのソラ

f:id:christian-unabridged-dict:20171226083742j:plain

www.drivethruhistory.com

 

プロテスタント教会の信者は「五つのソラ」という言葉をご存知だと思います。10月31日の宗教改革記念日の説教で取り上げられたりしますが、子供の頃は「五つの空」と聞こえて不思議に思っていたことなど思い出します。

五つのソラ」とは

  1. 聖書のみ
  2. 信仰のみ
  3. 恵みのみ
  4. キリストのみ
  5. 神の栄光のみ

それぞれの説明は 五つのソラ - Wikipedia をごらんいきただきたいのですが、今回取り上げる問題は 「1.聖書のみ」です。

「聖書のみ」とは、信仰生活に関わる全ての基準と規範は、聖書だけに求める、ということで、Wikiによれば、「ルターは、教皇も教会会議も最終的な権威ではなく、教会におけるすべての権威の上に聖書の権威を置き、聖書の権威に服すべきであると主張したのである。そして、カルヴァンはルター以上に強調した。」とあります。

三位一体やクリスマスの日付など、聖書に基いていない事柄は何かと言い出すとボロボロ出てきそうなのですが、決定的な事柄として「ニケア信条」があります。

日本基督教団上尾合同教会のホームページから「父と同質であって・・・」という記事をご紹介します。一部引用しましょう。

ニケヤ信条の中で最も注目しなければならない言葉はわたしたちの主イエス・キリストが「父と同質」と言い表わされているところです。原文では「ホモウーシオス」と言うギリシャ語ですが、これは外形の姿かたちは違っても同じ実質、あるいは本質を持つと言うことで、父・子・聖霊が「三位一体」と言うときの「一体」をあらわすことばです。これは聖書にはないことばですが、このことばによって主イエス・キリストの真の性格を正しく表現しようとしています。

 「これは聖書にはないことばですが、」と、あっさり説明していますが、信仰の宣言内容に聖書を基準にしない内容が含まれているということは由々しき事実です。

ニケア信条は、上記のルターによる言葉で否定されているところの「教会会議」で決められたもので、カトリック教会では「聖書と聖伝」のうちの「聖伝」に含まれています。

「聖書のみ」といいながら「ホモウーシオス」を認める矛盾を説明できない、これはプロテスタント教会の最大のウィークポイントだと言えるでしょう。

これは個人的な見解ですが、その他には毎週日曜日の礼拝があるでしょう。正教会カトリック教会は、ルカ福音書の次の記述に従って礼拝を行います。

ルカ福音書 22:19

またパンを取り、感謝してこれをさき、弟子たちに与えて言われた、「これは、あなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしを記念するため、このように行いなさい」。

プロテスタントでも同じだよ、と思われたでしょうか。違います。プロテスタント教会ではすべての主日礼拝で聖餐式を行いますか?行いませんよね。聖公会を除けば、聖餐式を行うのはせいぜい月に一度だけ、甚だしきは年に一度、イースターの礼拝でだけ聖餐式を行う教会もあります。福音書によれば、礼拝を行うのは聖餐式を行うためであって、説教や賛美歌はその付け合せに過ぎないはずです。

また、賛美歌の歌詞を一つ一つ検証するのであれば、聖書にはない表現が見つかるのではないでしょうか。

「五つのソラ」を言い出した当時は、カトリック教会の状況が酷かったのでしょう。めちゃくちゃだと言えるほどだったのだと思います。それで改革者たちは、「聖書のみ」と言ってすっきり決着したように思ったのでしょうが、実際はそううまくは行きませんでした。

感情に任せて極論を展開してしまった結果、傷口が広がってしまったということですね。キリスト教の理屈なんて、情緒的な子供だましに過ぎないというところが現実です。