キリスト教大辞典

キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

光明真言と五智如来

f:id:christian-unabridged-dict:20181224131016j:plain

如来寺五智如来

www.yougyokuin.com

 

過去の記事

christian-unabridged-dict.hatenablog.com

に、SNSを通じてご意見を頂戴いたしました。ブログ記事でご回答させてください、とお願いしましたところ、意見の内容をそのまま引用しないのであれば、との条件つきでご了承いただきましたので、こちらで回答させていただきます。

ご意見の内容を要約させていただきますと、

仏教に如来というものは、実際には存在せず、本来あるべき人間の理想的姿を象徴的に表したものだ、という記述があったが、そんなことはない。如来は現実に実在するものであって、たとえば「光明真言」というマントラ真言)があるが、これは「五智如来」に順番に呼びかけて利益を願うマントラであって、非常に強力な効能がある。日本でも平安時代以来1000年以上行われ続けて来ている、ありがたいマントラである。如来が実在する明らかな証拠だ。

ということでよろしいかと思います。

 

私の実家は、明治以降キリスト教に改宗しているのですが、それ以前の先祖は仏教徒だったわけで、位牌や過去帳がありますし、そういうものを捨ててしまうわけにも行きませんので、仏壇や神棚はそのままにしてあります。菩提寺の宗旨は天台真盛宗という天台系の一派でして、これは偶然同じだったのですが、母の実家も同じ宗旨でした。

母は結婚後キリスト教に改宗しましたが、母方の祖母には、比叡山や坂本の菩提寺などによく連れて行ってもらいました。天台宗は、天台真盛宗も同じですが、密教でもありますので、光明真言にも馴染みは深いです。下記のWikiからの引用での唱え方は真言宗の唱え方ですが、天台系では、光明真言

オン アボキヤ ビロシャナ マカボダラ マニハンドマ ジンバラ ハラバリタヤ ウン 

 と唱えます。両者で少し違うようです。

 

さて、問題の「光明真言」ですが、どのようなものなのか、Wikiを見てみましょう。

光明真言(こうみょうしんごん)は、正式名称は不空大灌頂光真言(ふくうだいかんぢょうこうしんごん)という密教真言である。密教経典である「不空羂索神変真言経(菩提流志訳)」や「不空羂索毘盧遮那仏大灌頂光真言(不空訳)」に説かれる。

 とあります。発音と意味、として、

oṃ amogha vairocana
オーン 不空なる御方よ 毘盧遮那仏大日如来)よ
オン アボキャ ベイロシャノウ 
唵 阿謨伽 尾盧左曩

mahā-mudra maṇi padma
偉大なる印を有する御方よ 宝珠よ 蓮華よ
マカボダラ マニ ハンドマ
摩訶母捺囉 麽抳 鉢納麽

jvāla pravartaya hūṃ
光明を 放ち給え フーン (聖音)
ジンバラ ハラバリタヤ ウン
入嚩攞 鉢囉韈哆野 吽

とあり、また、

なお、amogha(アボキャ)は不空成就如来を、vairocana(ベイロシャノウ)は大日如来を、mahā-mudra(マカボダラ)は阿閦如来を、maṇi(マニ)は宝生如来を、padma(ハンドマ)は阿弥陀如来を指すと解釈され、金剛界五仏五智如来)に対して光明を放つように祈願している真言である。

ともあります。これに従って、上記の「意味」を書き換えるのであれば、

オーン 不空成就如来よ 毘盧遮那仏大日如来)よ 阿閦如来よ 宝生如来よ 阿弥陀如来よ 光明を 放ち給え フーン (聖音) 

 となり、不空成就如来はお釈迦様のことですので、

オーン 釈迦如来よ 毘盧遮那仏大日如来)よ 阿閦如来よ 宝生如来よ 阿弥陀如来よ 光明を 放ち給え フーン (聖音) 

という意味である、ということになるでしょう。

ここで、各Wikiから、如来が何を示しているのかを整理してみましょう。

これによって、改めて意味を表すのであれば、

仏法の根本を正しく知り、この世の法則と真理を学び、揺るぎなく、妬まず、怒らず、見下げず、比べず、そのようにして生きることの尊さを追求する自分であるように、その道を示してください。 

という意味が込められている文章なのだ、とまとめることができるでしょう。

そして、この光明真言を唱えるところの意味ですが、

五智如来という五人の如来が、どこかに実在していて、光明真言を唱える人を認識して、超自然の力を持ってその人に介在し、特別にそのひとに利益を与える。

という理解と

五智如来によって象徴された、五種の徳を大切にする生き様を忘れないように、常に唱える。 

という理解があるのではないでしょうか。人によっては、上の理解方法で留まる場合があるでしょうし、もっと理解できる人には、下の段階へ進むべき場合もある、ということです。

実際には、如来や菩薩は実在するものではなくて、色々な事柄を擬人化して象徴するものであるわけです。実在する超人的な、いわば神のような存在なのだという理解はするな、と禁止はされていないかもしれませんが、それは、仏教が迷信化した状態だと言わねばならないでしょう。

皮肉な言い方をすれば、五智如来が実在して、超能力で、光明真言を唱える人を幸せにする、というレベルに留まっている人は、阿閦如来の無瞋恚、無怒に倣うことができず、気に入らないブログ記事を見つけたら、よく考えもせず、ついクレームを入れていまうのだ、ということになるのでしょう(笑)。

ちなみに、キリスト教の聖書理解は、公式には低い方のレベルしかありません。キリスト教を仏教と比べるな、と言う人がいますが、正確には、比べることができないほどレベルが低い、というべきでしょうね。

神や、天国、地獄の実在を公式に説くキリスト教は、迷信化したレベルの仏教理解と比べれば、なんとか釣り合うのではないでしょうか(笑)。