キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

ぶどう酒と革袋のたとえ

f:id:christian-unabridged-dict:20210816124015j:plain

www.psephizo.com

福音書の「ぶどう酒と革袋のたとえ」と呼ばれている箇所を読んでみましょう。

マタイによる福音書 9:14-17

そのとき、ヨハネの弟子たちがイエスのところにきて言った、「わたしたちとパリサイ人たちとが断食をしているのに、あなたの弟子たちは、なぜ断食をしないのですか」。するとイエスは言われた、「婚礼の客は、花婿が一緒にいる間は、悲しんでおられようか。しかし、花婿が奪い去られる日が来る。その時には断食をするであろう。だれも、真新しい布ぎれで、古い着物につぎを当てはしない。そのつぎきれは着物を引き破り、そして、破れがもっとひどくなるから。だれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそんなことをしたら、その皮袋は張り裂け、酒は流れ出るし、皮袋もむだになる。だから、新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。そうすれば両方とも長もちがするであろう」。 

まだ醗酵が止んでいない醸したての新酒からは、炭酸ガスが発生しますので、古くなってくたびれた革袋に詰めて栓をしてしまうと、革袋がその膨張に耐えられなくなって破れてしまいます。そのように、イエス様によってもたらされる新しい考え方を受け入れる時代、世の中、考え方は新たに生まれ変わらなくてはならない、という教えである、という解釈がほぼすべてではないかと思うのですが、そうではなくて、ここで最も言いたいことは、古くなったぶどう酒とくたびれた古い革袋です。

とりあえず苦しい顔をして断食さえしていれば、人から評価を受けるのだ、と理解している人、またそのようにしか人を評価することができない人、不要な議論をふっかけてマウントをとることに血道を上げる人。そのような考え方を、雑菌に侵されて酸っぱくなり、捨てるしかなくなった古いぶどう酒に、そのような考え方しかできない人間を、古びて役に立たなくなってしまった革袋にたとえているのです。

救いようのないバカ人間は実在します。どうしようもないからそんなものは捨てておけ、と言っているわけです。