キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

キリスト教と伝染病

f:id:christian-unabridged-dict:20200711162136j:plain

natgeo.nikkeibp.co.jp

キリスト教にとって「病」とはどのようなものなのでしょうか。神の罰か、神が人に与える「天国への入り口(死)」というプレゼントのどちらかなのでしょうか。

ヨブ記を読んでみましょう。

ヨブ記 2:7-8

主はサタンに言われた、「見よ、彼はあなたの手にある。ただ彼の命を助けよ」。サタンは主の前から出て行って、ヨブを撃ち、その足の裏から頭の頂まで、いやな腫物をもって彼を悩ました。 

この記述を見る限り、世の中に有る「病」は、ことごとく神の知るところであり、また、神が希望しないのであればそれは発生しないのだ、と言うことができるでしょう。キリスト教的に正しく理解しようとするのであれば、病は神の業である、ということになるわけです。

それでは、病を治療して少しでも延命しようとすることは、神の方針に従うことになるのでしょうか、あるいは逆らうことになるのでしょうか、どちらなのでしょうか。キリスト教徒はおそらく、死んでも天国に迎えられるのでしょうから、この世で数年、数十年長生きしてもさほどの意味は無いでしょう。天国へ行ければ、なぜもっと早く天国へ来なかったのだろう、少しでも長生きしたいと望んだことがバカバカしい、と苦々しく回顧するのかも知れません。

どうせ死んでも天国へ行くのであれば、なぜ病を治療せねばならないのでしょうか。そうしなければ自殺に該当し、十戒に背いた罪で天国を逃してしまうからですか。

それは自殺になるでしょうか。自動車を運転したり、電車や船舶や飛行機で移動することは構わないのでしょうか。

そもそも、イエス様が神でありながら人に身をやつしてこの世に来られて、全人類の罪を一身に負って十字架で亡くなった、と理解しているのであれば、未だに病や犯罪が世に溢れ、争いが無くならないのはなぜなのでしょうか。

簡単な質問です。教会の言い分が詐欺的では無い、という確信がある人は、論理的に答えることができるはずだと思いますよ(笑)。