キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

内村鑑三は知っていた

f:id:christian-unabridged-dict:20191220085125j:plain

内村鑑三

皆さんは内村鑑三をごぞんじでしょう。僕もいくつかの著作を読んではいるのですが、結局このひとも、教会の言っている天国や地獄の思想に振り回されているように感じます。無教会主義を掲げてはいますが、その主義は教会が主張している思想そのままなのであって、教会でうまくやれなかった人が教会からはじき出されて教会を批判しているだけなのではないか、と思いました。

しかし、次の短い作品を読んでみると、案外ちゃんとした考えがあったのかも、と思わされます。

www.aozora.gr.jp

冒頭から少し引用してみましょう。

 問、足下は日本の基督教は今より何年をして復興するとかんがへらるゝや
 答、教会けうくわい草木さうもくまた動物どうぶつの如き自然物しぜんぶつにあらず、草木は時期じきさだめてはなむすび、小児せうに時期じき経過けいくわすれば成人せいじんして智力ちりよく啓発けいはつに至るべし、しかれども教会けうくわい人為的じんゐてきなり、復興ふくこうせんとほつせば明日めうにち今日こんにちこれ復興ふくこうするをべし、而してその復興ふくこうはうたるや、安楽椅子あんらくいすかゝり、或は柔軟じうなんなる膝褥しつぢよくうへひざまづ如何程いかほど祈祷きたう叫号きうごうするも無益むえきなり、しよを山上にけながら眼下がんか群住ぐんぢうするあはれなる数万の異教徒ゐけうとめに祈願きぐわんめるも無益むえきなり、教会けうくわい復興ふくこう方策はうさくとは教導師けうだうしみづからつるにあり、家族かぞく安楽あんらく犠牲ぎせいきやうするにあり、しミツシヨンより金をもらこと精神上せいしんじやうかれかれ教会けうくわいの上にがいありとしんずればたゞちに之をつにあり、我れゆるとも可なり、我の妻子さいしにして路頭ろとうまよふに至るも我はしのばん、真理しんりは我と我の家族かぞくより大なり、この決心けつしん実行じつこうあらん教会けうくわいたゞち復興ふくこうはじむべし、れなからん乎、復興はおはりまでつもきたらざるべし。

 「先生は、教会がいまよりもっと隆盛になるまで、何年ぐらいかかると考えますか。」

という問に対して、

「明日でも、いや、今日すぐにでも。そのためには、椅子に掛けたまま、あるいは柔らかいクッションに跪いたままでいくら苦しい顔をしてお祈りをしても役にはたたないし、涼しい山の上から異教徒たちを見下ろしてお祈りをしても役には立たない。教会の指導者たちは、まず、自分の身を捨てて、家族の生活の安定をも求めず、教団から給料を得ることが理想実現の妨げになるのであればそこから離脱して、自分が餓えて家族が路頭に迷ったとしても、真理は自分や家族よりも大切なことである、という理解とその実行力があれば教会は今すぐにでも隆盛になるだろうし、なければ、世の終わりまで待ってもならないのだよ。」

と答えています。

内村は、教会が自分の意のままにならないからという理由だけで無教会を掲げたわけではなかったようです。

福音書には、洗礼を受けることや聖餐に与ることではなくて、財産を捨てることが、真理へと至る唯一の道である、と記されていることを、内村は知っていたのです。