キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

日本キリスト教団逗子教会の集金説教「ささげる恵み」

f:id:christian-unabridged-dict:20190116133231j:plain

zushikyokai.holy.jp



教会という組織を維持するためには金が必要だ、ということは理解できなくもありません。ある程度は信者に頼ってもよいでしょう。しかし、神に責任を押し付けてはいけないと思います。

日本キリスト教団逗子教会の、小宮山剛牧師による、2015年10月4日の主日礼拝の説教から一部引用してみましょう。

f:id:christian-unabridged-dict:20190116134443j:plain

日本キリスト教団逗子教会・小宮山剛牧師

さて、ではなぜ神さまがささげものを必要とするのでしょうか? 神さまは全能なる方ですから、何も必要とはされないのではないでしょうか? だとしたらなぜ神さまに献げるということが必要なのでしょうか?
 それは神の御心を成し遂げるために必要であると言うことができます。旧約聖書を見てみますと、旧約聖書には、その年の農作物の収穫の十分の一を神さまに献げました。これが十分の一献金につながっているわけです。また他にも感謝のささげものなどがありました。これらは神を礼拝する場所である幕屋、神殿ができてからは神殿に持っていきました。そして神殿で仕える祭司やレビ人に渡しました。そのようにして、神殿で神を礼拝する奉仕に当たる祭司とレビ人を養ったのです。
 またそれらの献げ物をすることによって、イスラエルの民の共同体を守ったと言うことができます。言い換えれば、イスラエルの信仰を守ったということができます。

神とは、献金無しにはなにも成し遂げることができない存在なのだと言い切っています。牧師よりも高利貸しでも経営して集金したほうが早いんじゃないでしょうか。

旧約聖書に規定があるからキリスト教徒もそのようにしなければならない、というのであれば、献金よりも前に、まず、出エジプト記にある規定に従って神殿を建設しなくてはならないのではないでしょうか。

しかしF先生が最近長崎に行った時に、あるカトリックのクリスチャンがこう言ったそうです。「うちは400年続いたキリスト教の家です」と。その人の先祖は400年前にキリシタンとなり、伊達政宗の命令でヨーロッパに行った支倉常長と同行したそうです。ところが日本に帰ってきてみると、徳川幕府キリスト教を既に禁止していた。それで子孫は明治まで隠れキリシタンとして信仰を受け継いできたと言ったそうです。そうすると、300年先を考えた教会形成ではなく400年先を見据えた教会形成にしなけりゃならんのではないかと思ったそうです。
 いずれにしても私は、ハッとさせられました。私はどのように自分の家族について考えていただろうか。また、自分が牧会している教会についてどのように考えていただろうか。せいぜい10年か数十年の単位でしか考えていなかったのではないか、と。

教会というのは、世界に神の理想が行き渡っていないから存在するわけです。おわかりでしょうか。キリスト教徒は牧師のパトロンだ、としか理解できない牧師しかいないから、何百年後にも教会がなくてはならん、としか考えることができないわけです。

さて、そういう中でいくつもの助けがありました。そのうちの少しだけご紹介いたします。一つは、同じ中部教区の愛知県のある教会が、W教会の牧師のためにと言って2ヶ月に一度2万円、つまり毎月にすると1万円を送り続けてくれたことです。しかもそれはその教会の会計から支出していたのではありません。その教会の有志の人が、困難な教会を助けるための祈祷会を持ち、その祈祷会に参加した人から献金を募って、それを送られるというシステムなのです。すなわち、神さまへの祈りと共に送られてくる。尊いことだと思いました。
 また、ある遠方にいるクリスチャンが、こちらもまったく何の条件もつけずに毎月1万円をW教会の牧師家族のために献げ続けてくれました。二つだけ例を挙げましたが、たとえばそういうことがありました。私はお金の話しをしたいわけではありません。私は、そこに神さまの働きを見たのです。もちろん、これは現世利益というのにはど遠い小さな出来事でしょう。しかし何よりも大きな益であったのは、そこに神さまの働きを見たということです。 

神の愛を説諭するにあたって1万円だ、2万円だ、とは情けない限りです。カネカネカネ、金の話ばかりですね。

こういう類のレベルの低い牧師は、福音派とかキリスト教とは名ばかりの集金専門にわか教会の駄牧師だけなのだろう、と思っていました。まさか日本キリスト教団に所属する教会の牧師が十一献金を要求するとは思いませんでした。

結局、キリスト教は金がほしいだけだ、と結論付ける他はなさそうですね。