キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

聖骸布と聖痕

f:id:christian-unabridged-dict:20181014134638j:plain

聖骸布」というものがあることはご存知でしょうか。Wikiには、

キリスト教でいう聖遺物の一つで、イエス・キリストが磔にされて死んだ後、その遺体を包んだとされる布。トリノの聖ヨハネ大聖堂に保管されている。イエス・キリストの風貌を写したという布には、聖ヴェロニカの聖骸布やマンディリオンなど複数あったといわれる。

 とあります。

放射性炭素年代測定(炭素14法年代測定)などによれば、おそらくは偽物であるだろう、というところへ落ち着きをみせているようですが、上記記事によれば、

「今回の検査で発見された、これらの生物学的ナノ粒子の存在は、聖骸布に包まれた人物が物理的な暴行によって死んだことを示唆しています。人工的に作られたものではありません」(ファンティ教授)

とあって、聖骸布に残されていた血痕から、その人が暴行を受けた痕跡が発見された、というのですが、だからといって、それがイエス・キリストの痕跡であるという証明にはならないでしょうし、放射性炭素年代測定(炭素14法年代測定)が示す矛盾が払拭されてしまうことにもならないと思うのですが、いかがでしょうか。

 

少し話は変わるのですが、アシジのフランシスコ、という人物をご存知でしょうか。三つの修道会、フランシスコ会コンベンツアル聖フランシスコ修道会カプチン・フランシスコ修道会の創設者であり、その後のキリスト教世界に大きな影響を与えた人でもあるのですが、彼には「聖痕」という傷が、手のひらに現れた、と伝えられています。

f:id:christian-unabridged-dict:20181014142008j:plain

下の御堂壁画/聖痕を受ける聖フランチェスコ(1310-19年39歳:ピエトロ・ロレンツェッティ) – 西洋絵画

この、ピエトロ・ロレンツェッティの絵画でも、フランシスコは、手のひらに聖痕を受けている様子が描かれています。

ところが、聖骸布の人物には、手のひらではなくて、手首に釘が打ち込まれた痕跡があったのです。

f:id:christian-unabridged-dict:20181014142740p:plain


Wikiの「聖痕」から引用してみましょう。

聖痕現象は磔刑がキリストの図像として成立した13世紀から報告されており、とりわけ宗教的な恍惚状態(法悦)にある女性に多く見られる。キリストの受難に対してきわめて強い共感を抱いて自己同一化する精神状態との関連が指摘されている[1]。報告例には、調査の結果、自傷行為による捏造が明らかになったケースもある。

解剖学的な実験では、手のひらに釘を打ったとは考えにくく、手首に打ったとする説が現れた。これにより、今まで手のひらに多かった聖痕が、手首に多く現れることが報告されている。脳の思い込みが人体に影響するという解釈も存在している(「非科学的超常現象を解明せよ!」聖痕)。

 

いかがでしょうか。「聖痕とは自傷行為による捏造」だ、というよりも、「信仰とはただの思い込み」でしかないことに気づくべきでしょう。