キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

伝統的教派プロテスタント信徒が運営するキリスト教批判ブログです

キング牧師の不都合な真実

f:id:christian-unabridged-dict:20170723095833j:plain

www.nobelprize.org

 

舘崎正二氏のブログに「キング牧師の不都合な真実」という記事がありますので一部ご紹介しましょう。『新潮45』2015年2月号で作家に掲載された井上篤夫による同名の記事の紹介であるようです。

 

1962年、FBIのフーヴァー長官は、ロバート・ケネディ司法長官から、キングの盗聴許可をとりつけた。
以降、キングの私的な生活はすべて把握されていく。
キングは自由への行進の演説をしたその晩、若い女の子を集めて乱交パーティをしていた。
これは1964年に収録されたケネディ大統領夫人のジャクリーンの発言で、2011年になって公開された。
ジャクリーンはキング牧師を「ペテン師」「セックス中毒」「最低の男」「バカ」とまで言っている。
ケネディ大統領が暗殺された葬儀の日もキングは盗聴されている。
キングは酔っぱらってTVで葬儀を見ながら嘲笑い、ジャクリーンがケネディの棺に接吻するのを見ながら、「本当はアソコにキスしたいんじゃないか」と発言している。
1964年、キング牧師ノーベル平和賞を授与されると報じられると、フーヴァー長官は緊急記者会見を開き、「キングはアメリカきってのウソつき野郎だ」と、何としても受賞を阻止しようとした。
同年12月10日、キングはノーベル賞授賞式の晴れの舞台に立つ。
その祝賀パーティが開かれたホテルにもFBIの盗聴器はしかけられ、乱交ぶりが記録された。
パーティ会場には高級娼婦が参加していた。また、キングは別のホテルで白人女を買ったともいう。

 

なんとも酷い男ですね。昔の聖人とかもこんな感じなんでしょうか。