キリスト教大辞典

キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

プロテスタントとは、自称「キリスト教徒」のこと?

f:id:christian-unabridged-dict:20180925140235j:plain

 

またもや変なブログを見つけてしまいました。僕の悪いクセです(笑)。

早速引用してみましょう。

 

(そこで偽証人のおばさんは「でも、カトリック教会は本当に33年に創立されたかどうか・・・」と反論しようとしたけど、これは客観的な歴史的事実なので、「本当に広島に原爆投下があったかどうか」と同レベルのトンデモ論だから、ちょっと笑っちゃったけどw) 

意味を知らずに「客観的」という言葉を使っているようですが、この人は、イエス様が紀元元年に生まれて、紀元33年に亡くなった、と思っているようです(笑)。

 

例えば、エホバの偽証人は他の多くのプロテスタント「宗派」と違って、イエス・キリストの神性を否定しています。そう、彼らにとって、イエス・キリストは神ではありませんし、地獄も存在しません。すごいでしょ?キリストは神じゃない!と言いながら「我々は本物のキリスト教徒です」って(笑)。「キリストも地獄も全て幻」という、賢人ごっこの仏教徒なら分かるけどさ、自称「キリスト教徒」だよwwwやれやれw

仏教が賢人ごっこなら、キリスト教は罪人ごっこでしょうね。罪人ごっこをしているうちにいつの間にか本当の罪人になってしまうよりも、賢人ごっこをしているうちに賢人 になるほうがよほどマシだと思いますよ。

エス様本人が何も言っていないのに、勝手に神に祭り上げてしまったり、異教の思想のパクリである地獄を怖がったりしてるほうがよほど「やれやれw」だと思いますけどね。

 

要するに、プロテスタントの様々な宗派が皆聖書を正しく解釈していることは、論理的にあり得ません。

当たり前です。聖書を正しく解釈しないところが「キリスト教」という組織です。プロテスタントが生じる前のカトリック時代からの伝統なのですから。

それと「論理的」という言葉は、ただなんとなく雰囲気で使っているだけでしょうが、一体どういう論理をもって「論理的」と言っているのか説明できるのでしょうか(笑)。

 

これで十分ご理解いただけたと思いますが、「聖書のみ権威あり」というのは、聖書自体が否定している、人間の命令によってのことにすぎません。

  • そこで主は仰せになった、「この民は口先で私に近づき、唇で私を崇めるが、その心は私から遠く離れている。彼らが私を畏れ敬うのは、教え込まれた人間の命令によってのことにすぎない」。(イザヤ29:13)
  • (イエスは仰せになった)「あなた方は聖書を調べている。その中に永遠の命があると、思い込んでいるからである。だが、その聖書は私について証しするのもである。それなのに、あなた方は、命を得るために、私の所に来ようとはしない」。(ヨハネ5:39-40)

「聖書のみ」という言葉を否定するために、聖書を引用してやりこめようと努力するところが、愚かで可愛らしくも思えてしまうのですが、プロテスタントの言う「聖書のみ」とは、信仰生活の規範を、「聖書と聖伝」に求めるカトリックや、「(聖書を含む)聖伝」に求める正教会とは異なり、旧・新約聖書66巻だけから求めますよ、ということであって、権威がどうこう言っているわけではありません。

五つのソラ - Wikipedia には、

ルターは、教皇も教会会議も最終的な権威ではなく、教会におけるすべての権威の上に聖書の権威を置き、聖書の権威に服すべきであると主張したのである。 

と記されていますが、ルターは、カトリック教会が、教会や教皇、 教会会議の「権威」を主張したことに対して、敢えて批判的に「権威」という言葉を用いたのであって、「聖書のみ」という言葉の意味としては、聖書の権威がどうこう、ということであるよりも、上述したようなことだ、ということです。

カトリックに限らずですが、キリスト教徒は「権威」という言葉が好きのようです。というか、福音書でイエス様が否定していることは、全部好きのようです(笑)。

 

よく知りもしない状態で、一人前に批判するな、なんて偉そうなことを言うつもりはありません。僕だって言うほどのことはありませんが、こうやってキリスト教批判のサイトを立ち上げているわけですし(笑)。

それにしても、あまり賢そうには見えませんよね。まあ、自戒も込めつつ(笑)。