キリスト教大辞典

キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

体の中の光

f:id:christian-unabridged-dict:20180731093244p:plain

小知识:到底什么是碧玉猫眼? - 文集 - 藏玉网-专注传统和田玉

 

マタイの福音書を読んでみましょう。

マタイの福音書 6:22-23

目はからだのあかりである。だから、あなたの目が澄んでおれば、全身も明るいだろう。しかし、あなたの目が悪ければ、全身も暗いだろう。だから、もしあなたの内なる光が暗ければ、その暗さは、どんなであろう。

直感的でない、というか、 一体何を言いたいのかよくわかりませんよね。

エス様当時のイスラエル辺りでは、生物の体の中には光の塊があって、ものを見るときには、眼からその光が出て対象を照らし、その反射を感じることによって、視覚が生じるのだ、というように考えられていたようです。

ギリシャ語を理解することができないので残念ですが、おそらくこのような箇所はギリシャ語原文を読んで理解することができれば、本来の意味を良く理解できるのでは無いかと思います。

そして、今回の記事で言いたいのは、その次の箇所です。

マタイの福音書 6:24

だれも、ふたりの主人に兼ね仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛し、あるいは、一方に親しんで他方をうとんじるからである。あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない。

 前回記事で引用したルカの福音書にもよく似た表現が出てきましたが、これは、マタイの福音書19章に現れる資産家の青年に対する提言と同じことです。

重要なことは、どちらの箇所においても、イエス様は「今すぐ財産を捨て去って、神だけに仕える人生を選択しなさい」とは言っていない、ということです。そういう考え方もあるから、もし、実践したいのならやってみなさい、と言っているのです。

別に、財産や名誉にこだわって生きることが悪いわけではない。ただし、神に仕えて神の国を実現しようとするのであれば、まずすべての持ち物を捨ててからにせざるを得ませんよ、と指導しているわけです。

「教会」という組織そのものが「富」であることに気づくべきでしょう。欲得まみれの団体に所属しながら、イエス様の勧めに従うことはできません。「キリスト教徒である」という自覚さえ、眼の光を曇らせるマンモンの一部でしかありません。