キリスト教大辞典

キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

キリスト教は人間に必要か

f:id:christian-unabridged-dict:20180709084420j:plain

 

Got Questions Ministries. という団体のサイトに、

なぜ神は、地震、ハリケーン、津波などの自然災害が起こるのを許されるのですか?

というページがあります。答えとして、最初、

神は、宇宙全体を創造し、自然の法則を定められました(創世記1:1)。ほとんどの自然災害は、これらの法則が働いていることの結果です。ハリケーン、台風、竜巻は、様々な天候のパターンが衝突することの結果起こります。地震は、地殻の組成がずれることによって起こります。津波は海底地震が原因です。 

 と述べているのですが、次には、

人類が罪に陥ったことは、私たちが住んでいるこの世界をも含め、すべてのものに影響を及ぼしました。被造物のすべてが「挫折感」と「衰退」の影響を受けています。死と病気と苦しみの原因がそうであるように、自然災害の究極的な原因は罪なのです。

と言っています。自然災害は、神の定めた法則に従って、機械的に発生しているに過ぎないのか、人間が神に逆らって罪を犯すから、法則には無関係に神がわざと起こしているのか、どちらなのでしょうか。

過去の記事、

では、ヴェスヴィオ火山噴火は、麓の同性愛者を懲らしめるための神の罰だった、と考えている人がいることをご紹介しましたが、今回の記事からも、キリスト教徒は、『神は自然災害を利用して犯罪者を処刑している』、と考えていることがわかります。

そうならば、イエス様は何のためにこの世に来られたのでしょうか。教会の理屈で言えば、全人類を、原罪を含むすべての死の軛から解放するために、人の世に生まれ、人の手によって死んで、復活した、つまり、そうであることを誰にでもわかるように証明した、ということであるはずです。その理屈通りであるのであれば、罪が原因で発生する自然災害は、今はもう発生しない、ということになるはずですよね。

宗教なんてそんなもんさ、目くじら立てなさんな、とおっしゃる向きには何も言いませんが、「神の業が人間ごときに正しく分析できるはずがない」と真剣に考えてているあなた、それなら「キリスト教」が存在する必要はありませんよね(笑)。