キリスト教大辞典

キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

ガダラ人の地

f:id:christian-unabridged-dict:20180707105231j:plain

Gadarene Demonic Archives - Orthodox Church Quotes

マタイ伝 8:28-34 には

それから、向こう岸、ガダラ人の地に着かれると、悪霊につかれたふたりの者が、墓場から出てきてイエスに出会った。彼らは手に負えない乱暴者で、だれもその辺の道を通ることができないほどであった。すると突然、彼らは叫んで言った、「神の子よ、あなたはわたしどもとなんの係わりがあるのです。まだその時ではないのに、ここにきて、わたしどもを苦しめるのですか」。さて、そこからはるか離れた所に、おびただしい豚の群れが飼ってあった。悪霊どもはイエスに願って言った、「もしわたしどもを追い出されるのなら、あの豚の群れの中につかわして下さい」。そこで、イエスが「行け」と言われると、彼らは出て行って、豚の中へはいり込んだ。すると、その群れ全体が、がけから海へなだれを打って駆け下り、水の中で死んでしまった。飼う者たちは逃げて町に行き、悪霊につかれた者たちのことなど、いっさいを知らせた。すると、町中の者がイエスに会いに出てきた。そして、イエスに会うと、この地方から去ってくださるようにと頼んだ。

 とあります。また、マタイ伝 21:18-22 には、

朝はやく都に帰るとき、イエスは空腹をおぼえられた。そして、道のかたわらに一本のいちじくの木があるのを見て、そこに行かれたが、ただ葉のほかは何も見当らなかった。そこでその木にむかって、「今から後いつまでも、おまえには実がならないように」と言われた。すると、いちじくの木はたちまち枯れた。弟子たちはこれを見て、驚いて言った、「いちじくがどうして、こうすぐに枯れたのでしょう」。イエスは答えて言われた、「よく聞いておくがよい。もしあなたがたが信じて疑わないならば、このいちじくにあったようなことが、できるばかりでなく、この山にむかって、動き出して海の中にはいれと言っても、そのとおりになるであろう。また、祈のとき、信じて求めるものは、みな与えられるであろう」。

とあります。これらの記述は、おそらく事実を抽象化しているのでしょう。豚もいちじくも、イエス様を批判する勢力で、おそらくは国家権力のようなものであったのではないでしょうか。

「世の中すべてが俺を否定している」、そのような妄想に苛まれ、

世の中なんてぶっ壊れてしまえばいいんだ、

そう考えたイエス様は、弟子をコントロールして、毒を撒き、多くの人を殺戮したわけです。それで、「早く出ていけ」と言われたのでしょうね。やがてアジトに隠れていたところを引きずり出されて捕縛され、死刑になってしまいます。

しかし、彼を支持する弟子たちは、どうにかしてその過激思想を温存しようと目論んで、悪行であっても抽象化、美化して後世にまで伝えようとしたのでしょう。これこそ「洗脳」がなせる業です。

おわかりでしょうか。どんな陳腐な凶悪犯であっても、エネルギーさえあれば神に祭り上げてしまうことが可能なのです。300年ほども経てばテロリストが神になる。これが宗教の正体です。