キリスト教大辞典

キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

キリスト教の理念は団体主義であること

f:id:christian-unabridged-dict:20180202132715j:plain

Eastern Orthodox Christian - 2/3 - Religious Holidays

 

福音書を見てみましょう。少し長くなりますが引用してみます。

ルカによる福音 14:16-27

そこでイエスが言われた、「ある人が盛大な晩餐会を催して、大ぜいの人を招いた。晩餐の時刻になったので、招いておいた人たちのもとに僕を送って、『さあ、おいでください。もう準備ができましたから』と言わせた。ところが、みんな一様に断りはじめた。最初の人は、『わたしは土地を買いましたので、行って見なければなりません。どうぞ、おゆるしください』と言った。ほかの人は、『わたしは五対の牛を買いましたので、それをしらべに行くところです。どうぞ、おゆるしください』、もうひとりの人は、『わたしは妻をめとりましたので、参ることができません』と言った。

僕は帰ってきて、以上の事を主人に報告した。すると家の主人はおこって僕に言った、『いますぐに、町の大通りや小道へ行って、貧乏人、不具者、盲人、足なえなどを、ここへ連れてきなさい』。僕は言った、『ご主人様、仰せのとおりにいたしましたが、まだ席がございます』。主人が僕に言った、『道やかきねのあたりに出て行って、この家がいっぱいになるように、人々を無理やりにひっぱってきなさい。あなたがたに言って置くが、招かれた人で、わたしの晩餐にあずかる者はひとりもないであろう』」。

大ぜいの群衆がついてきたので、イエスは彼らの方に向いて言われた、「だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも捨てて、わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子となることはできない。自分の十字架を負うてわたしについて来るものでなければ、わたしの弟子となることはできない。

持ち物、つまり我欲、仏教で言う煩悩を捨ててしまえない者は、いくら理屈を学んで理解したとしても、神の国に至ることはできない。イエス様は同じことを何度も何度も、喩えを変えて、別の表現で繰り返し教えています。

仏教は、極端に言えば仮説に向かっての試行錯誤、ということになるでしょうから、色々な方法、即ち宗派が存在することは、いわば当たり前のことなのでしょうが、キリスト教には結論があって、まして一神教なのですから、教派に分裂している現状は不自然なこと、と言うことができるでしょう。

正教徒は、プロテスタントの信者は一人乗りのボートで、カトリックの信者は豪華客船にのって神の国へ向かっている、と喩えます。そして正教徒自身は、既に神の国へ到達している、というわけです。正教会聖餐式での祈祷文には次のようなものがあります。

既に真の光を見,天の聖神を受け,正しき教を得て,分れざる聖三者を拝む,彼我等を救い給えばなり

生きながらにして「真の光」を見、仏教でいう「正見」を極めた、つまり神の姿を見、「天の聖神」を受けた、即ち神と同等になること、つまり神成、仏教でいう「成仏」を達成することができたのだと言っているわけです。これが正しいキリスト教の理解です。

そして、ルカ福音書の喩えを見る限り、個人的にではなく、社会として実践するべきなのだと教えている、と考えるべきでしょう。そして、イエス様自身が、理想的な社会は共産的な社会である、と教えています。

結局、「正しいキリスト教」はどの教会なのか、と言うと、団体的で共産的な教会、つまり「正教会」である、ということになるでしょう。カトリックには「教皇」という君主が君臨していますので共産的とは言えません。団体的とは、教会組織に社会的な役割、つまり「権威」が与えられている、という意味です。

記事「神になる」「神になる その2」では「人が神になる」の思想が、実際のキリスト教の目的だということをご紹介しましたが、これも、具体的な教説として保存しているのは、実際には正教会だけでしょう。

西洋風で、ちょっと見栄えのする新しい属性、つまり、アクセサリーとしてキリスト教を選んだのであれば、イエス様が捨ててしまうように教えている「持ち物」を一つ増やしただけの話になってしまうでしょう。

罪だの救いだの、洗礼や聖餐や律法や礼拝などといった迷信的な事柄は、どれも「人が神になる」ための方法の一つ、仏教でいう「方便」にすぎないのです。

本当のキリスト教徒になりたいのであれば、正教が一般的であって、地域も学校も職場にも正教の影響があり、寝ても覚めても正教的習慣に従う、そのような国に生まれ変わらない限り無理でしょうね。