キリスト教大辞典

キリスト教大辞典

キリスト教の問題点について考える

地の塩とは

f:id:christian-unabridged-dict:20180126131139j:plain

www.deadsea.com

 

前記事「聖霊降臨とは - キリスト教大辞典」に、以下のご指摘がありました。

あなたも『聖書は(ヘブル的視点で)解読しないと本質は理解できない』というお立場なのですかね?

『注意深く何を言いたいのかを探りながら読み進めなければ、迷信と呪いの指南書に成り下がってしまいます。そうなってしまった例が、現在のキリスト教という宗教です。』の意味について。 

そして以下のようにお答えしたのですが、

違います。日本語で、です。日本語でも『注意深く』行きたいものです(笑)。

 

これ、早合点してお答えしてしまったようです。ヘブライ語に精通していなければ理解できないと考えているのか、と聞かれた、と早合点してしまいました。そうではなくて「ヘブル的視点」が必要と考えているのか、ということだったのですね。

改めてお答えしますと、ある程度は必要だろうと考えています。たとえば、次の福音書の箇所です。

マタイによる福音 5:13

あなたがたは、地の塩である。もし塩のききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。もはや、なんの役にも立たず、ただ外に捨てられて、人々にふみつけられるだけである。

 日本では、塩と言えば海水から精製したものであって、米屋とかスーパーなどで購入するもの、という理解になるでしょうが、死海周辺においては、上の写真のように塩の塊がゴロゴロあって、周辺の住民はいつでもこれを持って帰って、塩として使用することができたわけです。

このような状況がわからなければ、「あなたがたは、地の塩である」の真意を汲み取ることができないでしょう。塩のように、地面に転がっていて、必要なときにすぐに役にたつ、そのような、人にとってなくてはならない存在になりなさい、と言っているわけですが、写真のように塩が地面に落ちている状況を知らない限り、何のことなのかはっきりしないのでは無いかと思います。

また、「塩のききめがなくなったら」とは、塩がただの白い粉になってしまったら、という意味?ってことになりますよね。でも、塩が写真のような状況であることがわかれば、「なんの役にも立たず、ただ外に捨てられて、人々にふみつけられるだけである。」の意味を理解することができるでしょう。

残念ながら、ヘブル的視点が全く無い状態でも聖書は理解できるよ、とは言えないでしょうね。それほど「普遍的」な内容ではありません。そういう説明を省いて読み進めると、勝手な解釈が発生して、多くの場合、迷信につながっていると思います。